【SLOW LIFE 50.50】ここはアメリカ?!唐津湾を眺めながらBBQが楽しめるキャンプ場

EDITOR'S コラム 唐津市 遊ぶ食べる

【SLOW LIFE 50.50】ここはアメリカ?!唐津湾を眺めながらBBQが楽しめるキャンプ場

これを教えてしまうと予約が殺到してしまう。記事にするのやめようかな...... そう思ったのはSLOW LIFE50.50(スローライフ フィフティーフィフティー)に足を踏み入れた瞬間のことだった。年代物のエアストリーム(キャンピングトレーラー)や60年代のアメリカ映画に出てきそうな建物など、完全に日本離れしたこの空間は、ここが佐賀であるのを忘れてしまうほどだ。一瞬でファンになってしまったキャンプ場SLOW LIFE50.50を今回、断腸の思いで紹介したい。

小道をぬけるとそこは絶景

20170914_h1_02.jpg

こちらは受付のあるログハウス。

20170914_h1_03.jpg

店内はこんな感じ。異国情緒あふれるスタイルで、この場にいるだけで居心地がいい。なんて素敵なんだ!ずっと座ってまったりしたい気分だが......
そんなわけにはいかない!BBQ(バーベキュー)をしに来たのだ。
ところで海が見えると聞いていたが、全く海の気配がしない
マスターに「どこに海があるんですか?」と聞くと、「ちょっと歩いていくとコテージがあって、そっちにあるんだよ」と教えてくれた。

20170914_h1_04.jpg

あったあった!これか!

20170914_h1_05.jpg

1分ほど歩いていくと

20170914_h1_06.jpg

「ん!!!!!?」

20170914_h1_01.jpg

小道をぬけるとコテージとBBQスペースが!奥には唐津湾が広がっている!

20170914_h1_07.jpg

写真ではなかなか伝わらないが、ずっと眺めていたくなるほどの絶景だ。 なんて素敵なんだ!(本日2回目)

20170914_h1_08.jpg

ほぼ手ぶらでOK! 

贅沢BBQ

バーベキューと言えばコンロや網、炭、ライター、トングや休憩用の椅子など準備が大変だが、SLOWLIFE50.50はほぼ手ぶらで行くことができる。大抵のBBQ場はその場所専用のお肉を注文しなければいけないが、ここは食材持ち込みOK!好きなお肉や野菜、お酒など自由に飲食できるのが嬉しい。

20170914_h1_09.jpg

しかも、BBQ代はなんと破格の1,500円!小学生以下は500円!!

20170914_h1_10.jpg

キッチンもあるので、野菜を洗ったり、きったり、下準備をするにも便利。
宿泊すれば、時間制限もなく、景色を眺めながらゆっくり楽しむことができる。この日は、たまたま別のお客さんも一緒だったが、基本的に一日1組限定。グループで貸し切りでき、独り占めできるなんて、こんな贅沢はなかなかない。

20170914_h1_11.jpg

遊び感覚で泊まれる快適キャンプ

飲んだ後はそのまま泊まりたい。そんな夢も実現するSLOWLIFE50.50。
宿泊施設は、併設しているコテージと、キャンピングカー、クルーザーの3タイプ。気になる内装をご紹介したい。

20170914_h1_12.jpg

コテージの中はベッドも完備。快適に眠ることができる。

20170914_h1_13.jpg

ソファーベッドもあるのでそれぞれで寝ることもできる。(コテージ 4~5人で1泊8000円)

20170914_h1_14.jpg

クルーザーはこれ。BBQスペースの一際目立つところに隣接している。

20170914_h1_15.jpg

中はこんな感じ。窓から海を眺めることができ、寝心地もよさそうだ。(クルーザー1泊5000円)

20170914_h1_16.jpg

受付のログハウスにあったエアストリームにも泊まることができる。(1泊8000円)

20170914_h1_17.jpg

こちらもベッドとソファーベッド完備。
子供連れで行っても楽しめそうだが、なんとも大人がワクワクできる空間!
エアストリームに関しては、55年式と60年式のもの。これだけのクラシックタイプはなかなかお目にかかれないらしく、マニアの方にはたまらないはずだ。

20170914_h1_18.jpg

朝の絶景

朝起きると、唐津湾に顔を出す朝陽が宿泊客を出迎えてくれる。なんて素敵なんだ!(本日3回目)
オレンジ色に染まる唐津湾と高島を独り占め。コーヒーを飲みながら朝日を眺めるこのひととき...... 言わずとも分かっていただけるだろう。

20170914_h1_19.jpg

朝日が昇るのは早朝だが、頑張って早起きすることをお勧めする。

20170914_h1_20.jpg

マスターのこだわり

いたるところにコカ・コーラのレアなグッズがあると思っていたが、実はマスターの山口勝則さんは元々コカ・コーラに勤務されていたそう。初代コーラ瓶はもちろん、缶コーヒーで有名なBossの初期のものもあり、1960年代の手書き風のコカ・コーラポスターが好きだと嬉しそうに見せてくれた。

20170914_h1_22.jpg

20170914_h1_21.jpg

全体的にアメリカンな店舗の雰囲気はここからくるものだったのだ。

20170914_h1_23.jpg

コカ・コーラグッズはもちろんのことフォードF100のミニカーなど、他にもアメリカを感じさせるグッズがたくさんあった。レアなアイテムを見せてもらって話を聞くのも楽しいかもしれない。

20170914_h1_24.jpg

以前は、BBQスペースがあるコテージの方に住んでいたが、定年退職を機にログハウスを購入し、すべてDIYで内装外装とも作り上げられた山口さん。ログハウスの方にも何部屋かあり、今ではスポーツ遠征などで合宿をしに来る学生たちを受け入れている。
BBQスペースを開放するようになったのも「もっと唐津のファンを増やしたい」という想いから。これからも体験型宿泊施設として利用してもらえるように設備・人材を整えていく予定だと語る。
『SLOWLIFE50.50』という名前には、「みんな50.50(フィフティーフィフティー)の関係で一緒に楽しみましょう!」という想いが込められている。山口さんはBBQの時もお客さんと一緒に会話を楽しんでいて、初めて会った気がしないくらい親しみにあふれていた。

20170914_h1_25.jpg

まとめ

私は、佐賀市に住んでいるが唐津まで車で約1時間あまり。そんな近場にこんな素敵な所があったのか!と今まで知らなかった自分を責めてしまうほど気に入ってしまった。自然も人も空間も......
皆さんも行ったら最後、帰りたくなくなります。そして、きっと自分だけの秘密の場所にしたくなりますよ。

情報・リンク先

SLOWLIFE50.50

場所:〒847-0111
   佐賀県唐津市佐志1089-6
電話:090-8913-8924
料金:BBQスペース 1日 大人 1,500円
             子供  500円(小学生以下)
   宿泊  コテージ(4名まで)8,000円
           (8名まで)16,000円
           (9名以上)要相談
●料金は、全て税抜き価格。
●BBQスペースは、午前11時~午後3時までの間の3時間利用。前日に宿泊が無い場合は午前9時からの利用も可能だが、1時間当りの料金が必要となる。
●コテージは、午後4時から翌朝10時まで利用可能。
●コテージ内にガスコンロ(2口)、冷蔵庫(冷凍庫)、電気ポット、電子レンジ、ドライヤー、食器、調理器具が揃っているが、寝間着、洗面用具(バスタオル、石鹸等)は揃えてない。
●BBQスペースをイベント等団体で利用する場合は、別途料金が必要。
●キャンセル料は利用日の1週間前から半額、前日と当日は全額を請求。
●支払いは、現金のみ。

WEB:http://karatsucity.com/slowlife5050/

EDITORS SAGA 編集部 中村美由希

EDITORS SAGA 編集部

編集部

今までなかなか紹介されていないような佐賀の隠れた魅力や新しい情報をお届けするべく日々、奮闘中!...

このEDITORの他の記事を見る

ページの先頭に戻る