【中央軒】JR九州歴史の生き証人。鳥栖駅ホーム内の駅弁屋

EDITOR'S コラム 鳥栖市 食べる知る

【中央軒】JR九州歴史の生き証人。鳥栖駅ホーム内の駅弁屋

鳥栖市民の方なら知らない人はいないというぐらい有名な駅弁屋さんを皆さんはご存知でしょうか?JR九州の中心駅である「鳥栖駅」で多くのお客様に愛され続けているお店は、歴史あり、弁当あり、うどんあり、都市伝説あり⁉

明治25年創業。鳥栖駅の歴史と歩む駅弁

鳥栖駅は明治22年JR九州が開通した際に、開設された九州最古の駅の一つです。

鳥栖駅の入口

その鳥栖駅で、明治25年から今日までずっと駅弁を売り続けているのが、今回の取材先「駅弁当 中央軒」です。

鳥栖駅構内の中央軒

今ではあまり見なくなった駅ホーム内のお店

最近では、駅のホーム内に弁当屋さんなどあまり見なくなりました。しかし中央軒は今でも、駅ホーム内に店を構え、駅弁を販売しています。

対岸ホームからみたホーム内の中央軒

さらに、ここではうどんも食べることができます。立ち食いなのがまた雰囲気を感じさせます。この駅ホームとお店の雰囲気がなんともレトロ感があり、私は大好きな風景です。
しかも、中央軒の凄いところはなんと鳥栖駅の全てのホーム内にそれぞれこのお店があるところです。一つの駅のホーム内に同じ店が3店もあるというのは、全国的にもかなり珍しいそうです。

ホーム内の中央軒

日本で1番古いとりめしの駅弁

かしわめし弁当

中央軒と言えば、一番有名なのがこのかしわめしです。実はこのかしわめしは、全国で最も古いとりめしの駅弁とされており、大正2年からずっと販売しているそうです。今でもなお、このかしわめしだけで年間6万食ぐらいは売れているらしく、駅弁として以外にも地元の方からは、地域の運動会などで注文があるそうです。
素朴な昔ながらのどこか懐かしい味なのですが、かしわにしっかり味が染み込んでおり、ごはんとの相性が抜群で、あっという間に食べてしまうのが、中央軒のかしわめしです。

中央軒のもう一つのメインキャスト「しゅうまい」

復刻版ラベルのしゅうまい

中央軒の2台巨頭と言えば、かしわめしとこのしゅうまいです。こちらは昭和31年から販売されています。実はこのしゅうまいのパッケージは、「昔のしゅうまい弁当を復刻版で再現しよう!」というタイアップ企画で作ってみたもの。これがなんと大好評。気づけばこちらばかりが売れるようになり、今ではほとんどがこの復刻版だそうです。確かにこの、酔っぱらったお父さんがお土産でぶら下げてきそうなサイズ感と昭和レトロ感がなんともいい雰囲気を醸し出しますね。
見た目もさることながら、味も抜群。中央軒のしゅうまいは、昔から肉もミンチにするところから作り、皮も一から手作りで作っている伝統の味なので、食べ応えもありご飯にもお酒にも合います。

しゅうまい弁当

しゅうまい弁当はそんなしゅうまいとかしわめしが一緒になっているお得なお弁当で、人気メニューの一つだそうです。

見つけたらラッキー。復刻版ラベルかしわめし

実は、大人気のかしわめしにも幻と言える復刻版ラベルが存在するそうです。鳥栖市内では滅多にお目にかかれませんが、他県で販売されているレア弁当がこちら。

20171121_h3_14.jpg

このラベルは、福井県立歴史博物館に当時のものが残っていたらしく、中央軒にこれを使って復刻版弁当を販売しないかという声をもらい、出来たものだそうです。ラベルには昭和17年以降使われている店名「中央軒」の名が書かれており、「かしわめし」という文字が右から書いてあるので、これは昭和17年以降~終戦までの間に使われていたことが推測できるラベルだそうです。ぜひ皆さんも探してみてください。

かけうどんがないうどん屋

鳥栖駅は、北は福岡から南は鹿児島へ、西は長崎へとつながるまさにJR九州のクロスロードです。通勤や通学で利用する人も、ここで電車を乗り換える人も非常に多いのが特徴です。そんな人たちの胃袋を支え続けているのが、中央軒の「かしわうどん」です。

かしわがたっぷり入ったうどん

中央軒のうどんは全てに代名詞ともいえるかしわが入っており、純粋な何も入っていない「かけうどん」は存在しません。味付けされたかしわからの肉汁がうどんの出汁と絡み合うことで、汁まで飲みたいうどんに仕上がってます。うどんを食べた後に、残ったかしわを汁の中から探すのは、中央軒うどんあるあるでしょう。

都市伝説「6番ホームの謎」

6番ホームの様子

最後に、実は中央軒のうどんにはある都市伝説があります。それは、

「6番ホームのうどんが最もおいしい」

という伝説です。
この話が本当かどうか、中央軒の方に直接話を聞いてみました。すると帰ってきた答えが・・・

「どの店で出しているうどんも味は全て同じものです」

ということでした。

その後、よくよく話を聞いてみると、実は5,6番ホームには博多からの電車が入ってきており、ダイヤ的に乗り換えで人が最も多く滞留するそうです。つまり必然的に5,6番ホームのお店が、一番お客さんが多く、そこで食べたという口コミも一番多くなるからではないか?またその混雑を見ていると「あそこの店舗が一番おいしいのでは?」と思ってしまって噂が広まったのでは?とのことでした。

さいごに

鳥栖駅の歴史と共に、明治25年から長い年月歩んできた中央軒。弁当とうどん一筋で鳥栖市民をはじめとする多くの駅利用者に愛され続けたからこそ、都市伝説までも生まれたのかもしれません。ぜひ皆さんも鳥栖駅ホーム内でかしわうどんのハシゴをして味比べをしてみてください。

味は全て一緒ですが。(お土産にしゅうまいを忘れずに)

店舗情報

駅弁当 中央軒

営業時間:
鳥栖駅
〈改札横〉7:00~19:00
〈1・2番ホーム〉11:00~18:30
〈3・4番ホーム〉11:00~18:00
〈5・6番ホーム〉7:00~21:00
新鳥栖駅
〈改札横〉7:00~18:00
定休日:無休
住所:佐賀県鳥栖市京町729番地
電話:0942-82-3166
ホームページ: http://www.tosucci.or.jp/kigyou/chuohken/

EDITORSSAGA編集部 原田光

EDITORS SAGA 編集部

編集部

今までなかなか紹介されていないような佐賀の隠れた魅力や新しい情報をお届けするべく日々、奮闘中!...

このEDITORの他の記事を見る

ページの先頭に戻る