【楽養の里】新スタイルで現代人を救う?お寺テーマパーク|厳木

EDITOR'S コラム 唐津市 遊ぶ知る食べる

【楽養の里】新スタイルで現代人を救う?お寺テーマパーク|厳木

「ストレス社会」そんな話を耳にすることが多くなってきた現代。「ゆっくりしたい」「精神を休めたい」と思う人はどれくらいいるでしょうか?

今この記事を読んでいるそこのあなた!
「テクノストレス」という言葉を知っていますか?仕事上、コンピューターを使う事を毎日強いられている方やSNS依存の方なんかは特にストレスを抱えやすいんだそうです。

最近お疲れ気味のあなたに朗報です!!

ちょっと日常から離れてくつろぎたい」そんな望みをかなえてくれる場所が佐賀にあるんです。その名も「楽養の里」を紹介します。

20171130_h1_25.jpg

楽養の里とは

花の坊(寺カフェ)
月の坊(宿坊)
飛龍の湯(温泉)
風の坊(写経・瞑想)
龍王堂(祈願)

5つの施設からなる集合地帯。ヤフオクドーム3個分ほどの広大なその土地は、自然に溢れ、作礼山(さくれいざん)や天山が一望できる絶好の場所。佐賀県唐津市厳木町(きゅうらぎまち)にあります。
元々、妙法寺というお寺の方が檀家さんだけではなく、一般の方にも気軽に訪れることができる心身療養の場所としてつくられました。日常を離れてゆったりしたいとき気分転換などに利用して欲しいという想いで運営されています。

20171130_h1_26.jpg

佐賀県内では珍しい寺カフェ「花の坊」

豊かな自然に囲まれた寺カフェ。寺カフェと言っていますが、お寺の中にいるというよりも森のカフェといったところでしょうか。お花はきちんと管理され、窓越しから眺める山々は最高です。

20171130_h1_04.jpg

小鳥のさえずりも聞こえ、時間を忘れてしまうほど。

メニューはこちら。

20171130_h1_05.jpg

一汁三菜ランチ】 1080円

20171130_h1_06.jpg

ひよこ豆のカレーセット】 870円

ランチは、11:00~14:00ですが、お店自体は16:00まで空いています。

20171130_h1_07.jpg

こちらの湯豆腐ランチ(1080円)は元日本料理人の僧侶の方が監修されたそう。ゴマダレが絶品。

20171130_h1_08.jpg
スイーツはどれも単品350円。食事をされた方は+250円で食べることができます。

20171130_h1_09.jpg

店内には暖炉やこたつのスペースもあって冬でも温かく過ごせます。

20171130_h1_10.jpg

店内は広々としていて、木のぬくもりと開放感にあふれています。天井が高く、音が反響するこのスペースを利用してイベントも企画されているそうです。気になる方は、HPをチェックしてみてください。

情報

営業時間 10:30〜16:00
ランチタイム 11:00~14:00
定休日 毎週月曜日・火曜日 
(毎月17日は定休日でも営業。※その場合翌日がお休み。)
(行事等により変更する場合有り。詳しくはHPまたは電話にてお問い合わせを。)
Tel:0955-51-5151
HP:http://rakuyonosato.com/?page_id=64

IMG_3981.jpg

別荘感覚で泊まれる「月の坊」

こちらは、完全予約制の宿坊天然温泉付きの宿泊施設です。部屋は、和室と洋室があり、キッチンスペースや共有のリビングルーム、バーベキュー専用のベランダまでありました。

20171130_h1_12.jpg

リビングルームはテーブルやこたつがあり、TVやDVDも自由に観ることができます。
食事は自炊ですが、キッチン用具も十分そろっているので食材を持ち込むだけでOK!

20171130_h1_14.jpg

山を眺めながらバーベキューするのもいいかもしれません。

20171130_h1_15.jpg

寝室はこちら。(洋室2人部屋)

20171130_h1_16.jpg

和室(5人程度)
2階の和室からは、天山と作礼山が一望でき、秋は特に美しい眺めです。

20171130_h1_17.jpg

浴室はこちら。家族風呂と個人用とがあり、硫黄の香りがするトロトロの温泉でした。

一人で一棟借りることもできるそうですが、立派な2階建ての別荘といった内観。広いので家族やグループでゆっくり楽しむのもいいかもしれません。

情報

■宿泊料金[自炊/素泊まり]
チェックイン:15:00
チックアウト:10:00

■一部屋貸し

宿泊日数

大 人

中学生~学生

4歳~小学生

1 泊

4,800円

4,000円

3,500円

2泊~5泊

4,300円

3,500円

3,000円

6泊以上

4,000円

3,000円

2,500円

■一棟貸し
1泊~ :1~8名 36,000円 ※宿泊人数限度8名までとなっております。
■食事は自炊になりますので、食材はご自由にお持ち込みください。
■歯ブラシ・タオルなどのアメニティ、パジャマはご持参ください。
(アメニティはフロントでも購入できます。)
■長期滞在の場合は、洗濯機・乾燥機が利用できます。
■各お部屋にトイレはついておりません。(各階にお手洗いをご用意しております)
お寺の行事等でお泊りできない日がございますので、予めご了承ください。
ご予約・お問い合わせ:0955-51-5151

20171130_h1_18.jpg

温泉施設 飛龍乃湯

夢告によってお寺の境内から湧出した温泉施設。宿泊施設「月の坊」と同じ、高濃度の湯質と抜群の効果だそう。
成分は、ナトリウム炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉、つまり塩分を含んだ重曹泉(含食塩一重曹泉)
(塩分に含まれるナトリウムイオンは、皮膚を覆って体温を下げにくくし、重曹に含まれる炭酸水素ナトリウムは、肌の汚れを落とし角質層の水分を保つ美肌効果があります。)
効能は慢性皮膚病・疲労回復・やけど・関節のこわばり・冷え性・慢性婦人病 等々なんだそう。

20171130_h1_19.jpg

館内は、まさに銭湯の雰囲気。立ち寄りに最適な感じでした。

情報

(入湯料)
大人:500円 
小学生:250円 
4歳以上~小学生未満:100円 
3歳以下:無料

営業日時
土日祝日 14:00~18:00
HP:http://rakuyonosato.com/?page_id=260

20171130_h1_20.jpg

写経と瞑想ができる施設 風の坊

写経とは、一般的に経文(きょうもん)を書き写すこと。仏教において、経を読めば功徳を積むことができ、書き写すことでさらに功徳があると言われています。もともとは、僧侶のための行為でしたが、最近では一般の方の間でも広まっており、「心を清められる」と密かなブームとなっているそう。

その体験ができるのが、この風の坊。

20171130_h1_21.jpg

下敷きにある経文を写す形式なので、ビギナーの方にもはじめ易い様子でした。
また、こちらの施設では瞑想も行っています。精神統一したいときにやってみると心が清められるかもしれません。
瞑想は午後13:00から
写経は午後15:00から
(※午後17時のお勤めのときに写経を納経するそうです。)

20171130_h1_22.jpg

もちろん祈願もできる 龍王堂

月の坊の先にあるのが龍王堂。病気平癒や心願満足の祈願ができます。
春には梅が咲き、夏には蓮の花が眺められる美しいところ。ここでは、進学・就職祈願も行われており、学生さんが描いた絵札もたくさんありました。さすがお寺、祈願祭も定期的に行っているそうです。

龍王堂へのお問い合わせはこちら
http://myohoji.or.jp/rakuyo/?page_id=219

オススメのコース

11:00 龍王堂にて祈願
12:00 cafe花の坊でランチ(山々の景色を眺めながら)
14:00 風の坊にて瞑想
15:00 風の坊にて写経
16:00 月の坊チェックイン
18:00 夕食
20:00 お風呂(温泉)
21:00 月の坊談話室でご歓談
22:00 就寝
翌 日
6:00 起床(ご来光)
7:30 朝食
10:00 チェックアウト

20171130_h1_23.jpg

まとめ

いかがでしたか?
正直、お寺が作った集合地帯と聞いて「怖くない?大丈夫?」と思っていましたが、行ってみると美しい自然と魅力的な施設にそんな疑念もなくなり、またゆっくり来たいと感じる場所でした。唐津くんちの帰りに宿坊のみ利用される方や温泉だけ入って帰られる方もいらっしゃるそうです。
カフェや温泉でくつろぐ場所は他にもあるかもしれませんが、この自然とお寺ならではの雰囲気はなかなか見つからないでしょう。山の上にあるので、景色を一望するだけで心が浄化されそうです。取材したときは夜まで滞在できませんでしたが、楽養の里からみる星はとても綺麗なんだとか。少し疲れたとき、気分転換したいときに行ってみるといいかもしれませんよ。

情報

楽養の里

住所:〒849-3123 佐賀県唐津市厳木町岩屋530−4
電話: 0955-51-5151
駐車場:有
HP:http://rakuyonosato.com/
アクセス情報はこちらから
http://rakuyonosato.com/?menu_item=menu_item-457

EDITORS SAGA 編集部

編集部

今までなかなか紹介されていないような佐賀の隠れた魅力や新しい情報をお届けするべく日々、奮闘中!...

このEDITORの他の記事を見る

ページの先頭に戻る