【人気急上昇中! 】ピンキースカイを呼び出してみた。|インタビュー

EDITOR'S コラム 佐賀市 イベント観る

【人気急上昇中! 】ピンキースカイを呼び出してみた。|インタビュー

毎週木曜日に佐賀市656広場で行われる木6(モクムツライブ)を中心に活動を続ける佐賀のアイドルユニット「ピンキースカイ」
お2人はどんな人物なのか?
話を聞いていくとその素顔が少しずつ明らかになってきました。

20171228_h2_02.jpg

(左:高園渚 右:園田有由美)

初期の頃の経験が今のパフォーマンスに繋がっている。

-ピンキースカイとはどういったユニットでしょう?

園田そもそもただ歌が好きな2人で、所属するサガンプロ代表の中島さんから「歌うたいたいって子がいるけど一緒に組んでみたら?」って言われたのがきっかけです。

高園:歌が大好きで、芸能活動しようって思ってた時に同じように紹介してもらいました。「2人でやってみたら面白そうだよ」みたいな。

園田なので元々はアイドルなりたいとか、地元を盛り上げたいとかじゃなくって、『ただ歌が好きな二人』だったんです。

20171228_h2_03.jpg

-木6(モクムツ)を始めたきっかけは?

園田木6ライブは結成3周年を迎えるにあたり、もっとたくさんの人に見てもらおうと思って2016年1月から始めました。

-冬は、寒くなかったですか?

園田:めっちゃ寒いです!(笑)

高園:とにかく寒いっていう印象でしたね。 1月だったし野外だしその時の衣装が半袖でスカート短いやつだったんで。
結構ガタガタやってます。でも始まったら寒さ忘れちゃうのと、ファンの方が密集してるので少しあったかいです。肉壁というか(笑)

-無料ライブについて賛否はどうだったんですか?

園田木6ライブはファンの方達が「ピンキースカイをもっとたくさんの人に知ってほしい」っていう理解があって、無料でやるって言った時も応援してくれたんです。今までファンじゃなかった人も気軽に立ち寄れるし

お客さんとの距離が一番近いのが木6。 

20171228_h2_04.jpg

■木6(モクムツ)ライブの様子

-ライブ100回を突破した感想はいかがでしたか?

園田いつのまにか100回目でしたね。そんなにやってたんだみたいな。そのくらい当たり前で日々のルーティンになってましたね。

高園:300人入ったら溢れ出すかと思ってたら意外と収まったので、もっとたくさん人を集めたら会場から溢れてすごい景色になるだろうなと思いました。

園田いろんなゲストが集まってくれて一日合計で1000人くらい入ったんで、今度は自分たちだけでこのくらい人集めれるようになりたいですね。

-毎週来るファンの方とかいらっしゃいますか?

園田いらっしゃいます。顔も覚えてるし。

高園:名前も全然わかります

-ピンキースカイのライブの特徴ってなんだと思いますか?

高園:ファンの方から言われてあっそうなんだって思ったんですけど、通りがかりの人とかに「おかえり!」とかマイクで声かけてるのが面白いみたいです。

園田:あと自由度が特徴的だと思います。 普通アイドルのステージって、セットリストが決まってたりするんですけど、私たちはその場で歌うパート変えてみたり、歌詞変えてみたりとか結構遊ぶので、イベントとかライブごとで毎回違うんですよ。

-ライブ中こんなこともやったなーみたいなエピソードありますか?

高園:ファンの人を蹴ってなかった?

園田:蹴ってない蹴ってない!(笑)

20171228_h2_05.jpg

ファンの方との交流について。

-ファンの人たちと交流する場はあるんですか?

園田:オフ会はあります。 イベントで。 ファンの方とマラソン大会出てみたり、登山したり

-登山って珍しいですよね?

園田:登山するアイドルは珍しいと思います。

高園:元旦の朝の4時に集合して天山に登りましたね。 しかも前日ライブやって、年越しのラジオ番組出てからの寝ずに登山でしたからね(笑)

園田:体育会系だなと思いましたね(笑)

-普通、撮影会とかご飯会とかですよね? すごいパンチあるスケジュールですね。

20171228_h2_06.jpg

お互いの存在について語る。

-そもそもお互い相手のことどう思ってるんですか?

高園:本当にこの人(園田)は気が回るし仕事しっかりできるし...

園田:いや、気は回らんよ。

高園:いや、ちゃんとできてるよあなた。自分には持ってないポジティブな何かを持ってていいなぁと思います。

-園田さんは高園さんのことどう思ってるんですか?

園田:気が回るってさっき言われたけど、人に対して、気配りとか行動が早いのはなぎりん(高田)です。私は指示を出すだけで動かない。(笑)

高園:「なぎりんあれやっとって」って言われて、私が「OK!」みたいな。

-気づいたなら自分でやれよって思わないんですか?

高園:一回、どう見てもこの子の近くにティッシュがあって、「なぎりんそれとって」って言われた時は、自分で取った方が早いやろって思いましたね(笑)

園田:なぎりんの優しさにつけこんでるんです

20171228_h2_07.jpg

-長く続けられている理由というか秘訣ってあるんですか?

園田:なぎちゃんが全部我慢してくれてる(笑)

高園:思ったことを言ってくれるから、クリアできるようもっと頑張ろうと思いますね。

園田:こういう時は二人で歌ってるのが楽しいからって言った方がいんじゃない?(笑)

高園:二人で歌ってるのが楽しいからです!(笑)

-今後の活動も楽しみですね!

まだ来たことない人は、アイドルって聞いただけで興味なかったり、ファンの人たちの中に入れるのか心配だったりがほとんどだと思うんですけど、木6は無料なんで、是非一回見に来て欲しいです
一回見に来たら楽しいって思ってもらえると思うのでぜひ!

20171228_h2_08.jpg

『ピンキースカイ木6(モクムツ)ライブ』

佐賀で毎週お祭り!
現在、毎週約100人を動員!
平日に開催されるイベントでは九州最大級?!

・日程:毎週木曜日
・時間:18:30〜21:00
・場所:656広場 (佐賀市呉服元町2-25)
・料金:観覧無料
・終演後、無料ハイタッチ会有り
・グッズ販売・交流会有り
・飲食屋台有り
※年末年始(12/28、1/4)は昼・夕拡大版!
①昼の部13:00開演(予定)
②夜の部18:00開演(予定)

WEBhttps://pinkysky.jimdo.com/


place:シアター・シエマ
EDITORS SAGA編集部 浦郷慧人

EDITORS SAGA 編集部

編集部

今までなかなか紹介されていないような佐賀の隠れた魅力や新しい情報をお届けするべく日々、奮闘中!...

このEDITORの他の記事を見る

ページの先頭に戻る