【ホテル&レストラン arita huis(アリタハウス)】世界に向けた新たな有田の発信地

EDITOR'S コラム 有田町 遊ぶ暮らす知る観る食べる

【ホテル&レストラン arita huis(アリタハウス)】世界に向けた新たな有田の発信地

ホテル&レストラン「arita huis(アリタハウス)」がアリタセラ(旧「有田陶磁の里プラザ」)に2018年4月18日オープンした。
その上質な空間に潜入してきたので紹介したい。

20180423_h1_02.jpg

アリタセラとは?

約20,000坪の広さに有田焼が一堂に揃う。世界最大規模の有田焼ショッピングモール

有田焼主要商社22社が出店し、ありとあらゆる有田焼が揃っているアリタセラ。有田焼のお買い物を楽しむには最適の場所だ。
毎年ゴールデンウィーク時期に開催される「有田陶器市」や、11月の「有田のちゃわん祭り」の際にはたくさんの観光客でにぎわう。

20180423_h1_03.jpg

arita huis(アリタハウス)

そんなアリタセラにオープンした「arita huis(アリタハウス)」。

有田焼創業400年という歴史もあり、世界から注目されている有田。
有⽥町との交流をはかる海外のクリエイターらが⻑期滞在するためのレジデンス機能を備える他、観光に訪れた方や地域住民の方に広く活用してもらう場として、宿泊施設とレストランから充実したおもてなしをするという。

20180423_h1_04.jpg

「arita huis(アリタハウス)」という名前には、有田焼に囲まれたこの場所を、何度も訪れてほしいという想いが込められている。

有田焼の発展に大きな役割を果たしたオランダ・東インド会社との歴史的背景や、有田焼創業400年事業を機に再びオランダとの連携が深まっていることから、表記にはオランダ語「huis(ハウス/家の意味)」が採用された。

レストラン

20180423_h1_05.jpg

オープンキッチンで48席を設け、フレンチのコース(ディナー)が楽しめる
ランチやカフェのみの利用も可能。

選べる器

20180423_h1_06.jpg

ディナーは有田焼の3スタイル(トラディショナル、デザイナーズ、コンテンポラリー)から好みの器が選べ、3000円、4500円、6500円(税別)の3コース。

20180423_h1_07.jpg

【トラディショナル】

美しい天草陶石の白磁と伊万里・有田の特徴である絵付け・釉薬による伝統的な器のコレクション

20180423_h1_08.jpg

【デザイナーズ】

国内外で活躍するデザイナーやアーティストとのコラボレーションにより誕生したスタイリッシュなモダンデザインのコレクション

20180423_h1_09.jpg

【コンテンポラリー】

一流のシェフが求める、自らの料理を引き立て、お客様の特別なひと時を演出するプロユースのテーブルウェア・コレクション

器を選べるシステムについてarita huis広報担当の浜野氏は、「器による盛り付けの違いなど、食事とともに器も一緒に楽しんでいただき、多種多様な有田焼があるということを知って欲しい」と有田焼産地ならではの体験を提供する場として伝えていきたいと語る。

使っている器はアリタセラ内の店舗で購入可能というのも嬉しい。

20180423_h1_10.jpg

できるだけ佐賀のものを

シェフを務めるのはフレンチの名店オーグードゥジュール メルヴェイユ 博多で修業をされていた橋口聖氏。実は、メルヴェベイユ オーナーの小岸明寛氏は佐賀県太良町出身。
橋口氏自身も近隣の長崎出身で、佐賀には縁のある方だ。

内覧会でのメニューもお肉は佐賀牛を使用していたり、嬉野茶をふるまったりと食材もできるだけ佐賀の物をというこだわりが見られた。

(※メニューは季節や時期によって変動することがあります。)

20180423_h1_11.jpg

ホテル

客室は全部で10室(ダブル4室、ツイン6室)。全部屋シャワーまたはバス、トイレ付。
佐賀県の事業で創作活動を行う海外のクリエーターの滞在拠点1室も備えている。

20180423_h1_12.jpg

内階段を設け、2階をベッドルームにしたメゾネットタイプもあり、スタイリッシュな内装が印象的

20180423_h1_13.jpg

宿泊料金は朝食込みで1名あたり10000円~12000円(諸税別)。プランはすべて朝食付き。

20180423_h1_14.jpg

今後の展望

arita huisができたことでこの場所がどのように変わっていくと思うか?という問いに有田焼卸団地協同組合 副理事長の百田憲由氏はこう語る。

「有田焼はミラノサローネやメゾン・エ・オブジェなど世界基準の見本市でも高い評価を得ているやきものです。arita huisではウォールペーパー・デザイン賞をとった佐賀県・諸富の家具ブランド『ARIAKE』を使用しており、インテリアに関しても世界に誇れるものがあります。佐賀は食材も素晴らしく、シェフの方も含め、このarita huisは世界レベル

20180423_h1_15.jpg

インテリアは諸富の家具ブランド『ARIAKE(アリアケ)』で統一

20180423_h1_16.jpg

ALL佐賀で発信し、世界の佐賀、世界の有田にするというのがこのarita huisの大きな目標です。世界中からこのarita huisに来てもらい、佐賀と有田をしっかり伝えていく、そんな場所になればと考えています」

まとめ

モダンでスタイリッシュな建築にハイクオリティーの食と器、さらにインテリアにまでこだわったまさに世界に誇れる場所arita huis。

陶器市じゃない時にも訪れたくなる場所に」。会場を案内してくださった浜野氏の言葉が印象的だったが、有田焼を体感すると同時に佐賀を発信する新たなランドマークとして日本からいや、世界から多くの人を繋ぐ場所になりそうだ。

情報

arita huis

住所:〒844-0024 
   佐賀県西松浦郡有田町赤坂丙2351番地169 アリタセラ内
TEL:0955-25-8018
WEB:http://www.arita.gr.jp/hotel.html

【レストラン】
席数:48席(ホール36席、カウンター12席)
定休日:年中無休
営業時間:ランチ 11:30〜14:00
     カフェ 11:30〜17:00
     ディナー 18:00〜22:00

【ホテル】
客室:全11室
チェックイン:15:00~ / チェックアウト:~12:00

宿泊予価:1名あたり 10,000円〜12,000円(諸税別)
※全ての宿泊は朝食付きのプランとなります。
※年末年始、ゴールデンウィークなど特別期間は、宿泊費設定が異なりますのでご了承ください。

【事業関係者】
事業主体:株式会社クリエイティブ・アリタ(代表取締役 百田憲由)
企画・運営:株式会社 和多屋別荘(代表取締役 小原嘉元)
監修:柳原照弘/TERUHIRO YANAGIHARA/STUDIO (有田焼創業400年事業"2016/ project"クリエイティブディレクター)
設計監理:犬塚博紀/ユニティデザイン株式会社
ロゴデザイン:スワ ミヤ/suwa design studio
事業計画支援/PR:浜野 貴晴/promoduction(佐賀県窯業技術センター外部アドバイザー)
         ハマノ ユリコ/promoduction

※本記事中の写真の一部を提供いただいています。
提供:ユニティデザイン株式会社


EDITORS SAGA編集部 中村美由希

EDITORS SAGA 編集部

編集部

今までなかなか紹介されていないような佐賀の隠れた魅力や新しい情報をお届けするべく日々、奮闘中!...

このEDITORの他の記事を見る

ページの先頭に戻る