築130年の情緒あふれる町家カフェ「野いちご」|唐津

EDITOR'S コラム 唐津市 食べる

築130年の情緒あふれる町家カフェ「野いちご」|唐津

初めまして。
唐津市でお花の教室Noutje(ノーチェ)主宰をしています實松千晶と申します。
とにかくとにかくお花が大好き♡インスタやブログも時々更新している私。

今回からEDITORS SAGAで時々、記事を書くことになりました。
唐津市民として、地元の人・町・食・生活などの視点で新たな魅力が発信ができれば......との思いで綴ります。
どうぞ温かく見守って頂ければ幸いです。

初めての記事は、私が住む唐津でおすすめの町家カフェ野いちご」さんにお邪魔してきました。

20180827_h1_001.jpg

築130年余、唐津市魚屋町の曳山巡行路沿いにある、町家カフェ「野いちご」さん。

唐津の古き良き町並みを残し、リノベーションされた空間

「ガラガラガラー」っと最初の扉を開けると広い土間を感じさせる第一の店内が。

棚には唐津焼などのほっこりする焼き物が並んでいます

20180827_h1_002.jpg

そして店内への扉をここもまた「ガラガラガラー」と開けると......

20180827_h1_003.jpg

昔ながらの大きな梁、そして広々とした空間に驚きます

20180827_h1_004.jpg

元々、米屋と質屋だったという店内はすごく広々としています。
大多数が個室。それでいて余裕のある客室の雰囲気は圧巻

唐津の古き良き町並みや文化を残したいというオーナーの思いから、風情あふれる建物の良さを残しつつ、約1年かけてリノベーションされたそうです。

20180827_h1_005.jpg

元の勘定場にはソファが置かれ、奥の和室もカフェスペースとして利用
勘定場と土間のテーブル席は、天窓がついていて明るいですが、他の席は日本家屋のほの暗さをあえて残したつくり。明暗のバランスがとても素敵な雰囲気でした。

予約必須!人気のランチ

この日は日替わりのプレートランチを頂きました。まずはサラダとミニスープ。

20180827_h1_007.jpg

20180827_h1_008.jpg

一つ一つ手作りで作られたお料理は味も盛り付けも抜群でした。
このメインランチにデザートプレートとコーヒー付き。デザートは、数種類のケーキやアイスが日替わりで出てきます。

ランチプレート

プチサラダ・プチ前菜、・お惣菜8~9種類・ごはん・汁物・デザート・コーヒーor紅茶
1,550円(税込)

とても魅力的なデザートプレートでしたが、デザートに夢中で取材を忘れ写真を撮り忘れた私(笑)
ごめんなさい......

オーナーが数十年かけて集められたこだわりの和洋の食器に盛りつけられ、運ばれてくるランチは、日によって内容が変わりその日のお料理によって食器やカップも変えられます
品数が多く丁寧に作られた一つ一つのお料理が女性に大人気!
月曜から水曜の3日間、営業の日はいつも予約でいっぱいなので、早めの予約をおススメします

まとめ

二階の窓からは、向かいにある文政2年創業の旧東木屋酒造場の全景が見える情緒あふれるローケーション
唐津へお越しの際はちょっと寄り道して、こんな素敵な空間でランチするのもまた普段と違った発見ができそうです。

情報

町家カフェ「野いちご」

住所:〒847-00428 佐賀県唐津市魚屋町2041
電話:090-2711-0015
営業時間:月・火・水の3日間
     11:00~16:30
     ※事前予約をおすすめします。

EDITORS SAGA編集部/實松千晶(ライター)

EDITORS SAGA 編集部

編集部

今までなかなか紹介されていないような佐賀の隠れた魅力や新しい情報をお届けするべく日々、奮闘中!...

このEDITORの他の記事を見る

ページの先頭に戻る