古民家CAFÉ 『LIB COFFEE(リブコーヒー)』は、ステキな出会いがあふれる場所でした|伊万里

EDITOR'S コラム 伊万里市 食べる出会う

古民家CAFÉ 『LIB COFFEE(リブコーヒー)』は、ステキな出会いがあふれる場所でした|伊万里

焼き物やフルーツの里として知られる伊万里市の中心には、大きな川が流れているのをご存じですか?この伊万里川は、昔伊万里焼を長崎出島に運ぶ際の港だった場所です。

そんな歴史ある伊万里川沿いに2016年にオープンしたのが今回紹介する「LIB COFFEE」。

20181002_m_h1.jpg

なんと、築130年の建物をリノベーションした、古民家CAFÉ。

白を基調とした店内は開放感がありとてもおしゃれで、「古」も大切に、梁を活かしてあり、味わいのある雰囲気です。全30席の広々とした店内には、琉球畳を使用した半座敷席もあり、小さなお子様連れにも優しい作りとなっています。

20181002_m_h2.jpg

お店に入って奥の壁一面には、オーナー森永さん自慢の、ローラーペインティングで昔の伊万里港を再現したイラストが描かれており、この場所の歴史を感じます。

20181002_m_h3.jpg

LIB COFFEEで使用されているコーヒー豆は、長崎出島のアティックコーヒーさんから仕入れたもの。偶然にも、現在も出島とつながっているというストーリーが生まれたそうです。

20181002_m_h6.jpg

もちろんコーヒーが苦手な方にも楽しんでいただける、コーヒー以外のドリンクメニューも充実。(季節によりメニューは変わります。)

20181002_m_h4.jpg 【cafe latte (カフェラテ)・・・420円】

20181002_m_h5.jpg 【Granita (グラニータ):520円】

【人気メニュー】伊万里のフルーツや野菜を使ったフード、毎朝焼く日替わり焼き菓子

LIB COFFEEのフードメニューは旬な食材で作られるため、仕入れによって使用する野菜などは変わります。

20181002_m_h7.jpg 【おすすめサンド+ドリンクセット・・・¥980】

20181002_m_h8.jpg 【おすすめリゾーニ+ドリンクセット・・・¥1180】

20181002_m_h9.jpg

特に女性に人気のメニュー、毎朝日替わりで焼き上げるデザート「焼き菓子」
日によっていろんなデザートを楽しめるのはうれしいですよね。

20181002_m_h9.jpg

20181002_m_h11.jpg 【テリーヌショコラ】

20181002_m_h12.jpg 【いちじくとくるみのマフィン】

20181002_m_h13.jpg 【ふわっふわバナナケーキ】

20181002_m_h14.jpg

紹介したのはほんの一部の焼き菓子です。日替わり焼き菓子はお店にてご確認ください

そして、伊万里といえば「伊万里焼」伊万里でコーヒーをいただく価値や意味を考えたときに「伊万里焼」は必然だったそうです。

20181002_m_h15.jpg

すべてのものに伊万里への愛やリスペクトが感じられます。

「あさヨガとあさごはんの日」

毎月恒例となっているのがLIB COFFEE月に一度の「あさヨガとあさごはんの日」
ヨガの先生を招き、清々しい朝の空気と伊万里川の穏やかな流れを感じながらゆっくりと身体を目覚めさせる「あさヨガ」。
ヨガの後の体は吸収率がアップすることから、体にいいものと旬の食材をメインにした、カラダにやさしいこの日だけの特別あさごはんも提供されています。

20181002_m_h22-2.jpg

「あさヨガとあさごはんの日」日程など詳細はInstagramにて @lib_coffee

もうひとつの楽しみ方。

LIB COFFEEの隣には昭和の香りが残る「伊万里朝市」があります。

20181002_m_h23.jpg

この場所での営業は1977年からですが、戦後から続く朝市は佐賀県でもめずらしいのではないでしょうか。店舗数は減ってしまったものの、今でも敷地内には旬の野菜やフルーツ、魚、精肉などが並びます。少し早起きして朝市を散策し、LIB COFFEEで朝食をいただくのもいいですね。今月末には、朝市敷地内にパン屋さんがオープンするそうで、朝市も賑わいそうです。

また、時間は季節により異なりますが、日が沈むころになると、伊万里川が夕日に染まり素晴らしい景色を見ることができます。美味しいモノと素敵なヒト、そして、ここで感じたコトに癒されること間違いないしです。

20181002_m_h17.jpg

人と人が繋がっていく喜び

27歳からバーをやっていて、喜びを感じる瞬間は、全く知らない人同士がたまたま隣に座ったことで交流が始まることだったと語るオーナー森永氏。

20181002_m_h18.jpg

「お料理が美味しいとか楽しかったも嬉しいけれど、うちの店に来たことで新しい出会いが生まれるって嬉しいですよね。やっててよかったなーって感じますね。」

森永氏自身も人とのつながりを大切にされており、これまでの出会いが今の原動力になっているそうです。実際にCAFÉを始めてから横のつながりが広がり、現在、佐賀県をPRする事業などにも積極的に携わっておられます。

また、屋号の LIB は「Life is Beautiful」から付けられたもので「お客さんもスタッフも素敵な毎日を。」との思いが込められています。

朝市も含めて、この場所にもっとたくさんの笑顔を集めたいとの熱い思いが伝わってきました。
そんな森永氏の人柄に触れて、すっかりファンになったところで取材は終了。

LIB COFFEEに行くと素敵な毎日の始まりになるかもしれません。
あなたもぜひ『LIB COFFEE』でステキな出会いを!!

EDITORS SAGAでもエディターとして活躍中!森永さんの記事はこちら

INFORMATION

住所:佐賀県伊万里市伊万里町乙180
営業時間:月曜日・火曜日・水曜日・金曜日 / 8:00~18:00
     土曜日・日曜日・祝日 / 9:00~18:00
定休日:毎週木曜日 / 不定休
座席数:30席
お子様連れOK(半座敷有り) / 離乳食持ち込みOK / おむつ替えルーム有り / ミルクおつくりします / Free Wi-Fi設置 / テイクアウトOK
WEBサイト
公式 Instagram

森永さんは伊万里駅にある伊萬里百貨店内にも出店されており、そこでしか味わえないジェラートを販売されています。CAFÉの後に立ち寄ってみてはいかがですか。伊萬里百貨店を紹介した記事はこちら

伊万里市のイベント情報

LIB COFFEEの対岸は、10月26~28日に開催される、日本3大けんか祭りのひとつ「伊万里トンテントン祭り」の最後に行われる「川落し合戦」の会場にもなります。

川落とし:祭りのクライマックスに行われる「川落し」では、双方の神輿と団車が組合ったまま、川に落ち陸に早く引き上げられた方が勝ちとなります。
荒神輿が勝つと翌年は豊作、団車が勝てば翌年は豊漁に恵まれるといわれています。荒神輿と団車が組み合ったまま、伊万里川になだれ落ちる雄姿は壮観で感動の渦と化します。

引用元:http://tontenton.jp/

20181002_m_h20.jpg

さらに、11月17日(土)には、伊万里湾大橋などの雄大な景観を有する「伊万里湾」を舞台に、北部九州初となる3尺玉の打ち上げなど、壮大な花火のエンターテインメント「Cygames Presents 伊万里湾大花火2018」が開催されます。

http://www.city.imari.saga.jp/oohanabi/

20181002_m_h21.jpg

実り多き伊万里の秋を楽しむ絶好の機会です。


EDITORS SAGA 編集部 松本祥子

EDITORS SAGA 編集部

編集部

今までなかなか紹介されていないような佐賀の隠れた魅力や新しい情報をお届けするべく日々、奮闘中!...

このEDITORの他の記事を見る

ページの先頭に戻る