【お菓子村 杏都(あんと)】鳥栖の人気スイーツ店アンジェココが仕掛ける和菓子専門店

EDITOR'S コラム 鳥栖市 食べる

【お菓子村 杏都(あんと)】鳥栖の人気スイーツ店アンジェココが仕掛ける和菓子専門店

鳥栖の人気スイーツ店と言えばEDITORSSAGAでも以前取材させていただきました「アンジェココ」さん。そのアンジェココが今年、和菓子の専門店「お菓子村 杏都」をオープンしたのをご存知でしたか?今回はそんな注目の和菓子店を紹介します。

参考:【アンジェココ】特別な時間を過ごせるスイーツの村|鳥栖

新鳥栖駅のすぐそば。新幹線利用者にも重宝される鳥栖の新土産スポット

杏都は、新鳥栖駅から徒歩5分の鳥栖市原古賀町のコンビニ跡地に2018年6月オープンしました。

20181114_h2_03.jpg

昔ながらの日本家屋のような佇まいに、日本庭園のような趣のある雰囲気です。

20181114_h2_04.jpg

アンジェココ同様、さすがの世界観づくりに店内に入る前から期待感が膨らみます。新鳥栖駅のすぐそばにあることから、新幹線の利用者も多く立ち寄られているようで、鳥栖市の新しいお土産スポットとして多くのお客様がこの日も来店していました。

古き良き和菓子店を再現。日本古来の定番お菓子が人気

店内に入ると、これまたバッチリの世界観。古き良き日本の和菓子店といった雰囲気で、立派な梁があったり、一つ一つの装飾にもこだわりが感じられます。

20181114_h2_07.jpg

20181114_h2_08.jpg

そんな風情ある杏都で人気なのは、店内で全て手作りしている昔ながらの和菓子です。お客様の前で揚げたてを提供しているかりんとう饅頭(100円)や、きな粉&ボリュームたっぷりのわらび餅(350円)、おはぎ(120円~)や大福(100円)など種類も豊富です。

20181114_h2_01.jpg

20181114_h2_09.jpg

和菓子と洋菓子のコラボレーション!個性的なケーキも色々

そして、杏都は和菓子店ですが、アンジェココで作って、こちらで仕上げをしているというケーキもあるんです。

20181114_h2_02.jpg

ファンも多いアンジェココのケーキと和菓子のコラボレーション。ゆずや福神漬けなど和の素材を使ったケーキがあり、季節の旬のものを食べることができるのも魅力の一つです。

20181114_h2_10.jpg

20181114_h2_11.jpg

季節ごとに何度行っても楽しめるし、他ではあまり食べることができない和スイーツとしてお友達への贈り物にも良さそうです。

店内でも楽しめるランチやデザートセットも

他にも、杏都には店内でも楽しめるランチやスイーツのメニューもあります。

20181114_h2_12.jpg

先ほどのケーキから好きなものを選んで珈琲と飲んでもいいし、ぜんざいと緑茶のセットにしてもいい。茶屋のようにゆったりと楽しむこともできます。

さいごに

和の落ち着いた雰囲気の中に、昔ながらの和菓子と珍しい和スイーツに加え、豪華なランチやデザートセットも楽しめてしまう「お菓子村 杏都」ぜひ、お友達やご家族と一緒に行って、美味しいお菓子を「"あーん"と」してあげてください。

詳細情報

お菓子村 杏都

住所:佐賀県鳥栖市原古賀519
電話:0942-85-7780
定休日:月曜日、第三火曜日
営業時間:10:00~18:00

EDITORS SAGA編集部 原田光

EDITORS SAGA 編集部

編集部

今までなかなか紹介されていないような佐賀の隠れた魅力や新しい情報をお届けするべく日々、奮闘中!...

このEDITORの他の記事を見る

ページの先頭に戻る