【佐賀で見つける!暮らしの魅力】さが移住サポートデスクを知っていますか?[PR]

【佐賀で見つける!暮らしの魅力】さが移住サポートデスクを知っていますか?[PR]

地方創生」「移住促進」というキーワード。近頃、耳にするようになったと思いませんか?

東京一極集中でなく、暮らしやすさを求めて地方に目を向ける人が多くなっているといいます。

佐賀県も例外ではありません。

地方移住を支援するNPO法人ふるさと回帰支援センター(東京)によると、相談者を対象とした2018年移住希望先ランキングでは、佐賀県がトップ10に入りました。

移住を考えたときに、真っ先に悩むのはやはり仕事探しのこと
自治体にはどんな支援制度があるのか?
佐賀の住まいや子育て・教育環境はどうなのか? 
そんな疑問を持っている方は、少なからずいるようです。

佐賀県では、どんな支援をしているのでしょうか?「さが移住サポートデスク」コーディネーターの方々に聞いてきました。

目次

「さが移住サポートデスク」って?

さが暮らしを通じて人のあたたかさを感じる

移住のサポートをする上で生かしていること

これは嬉しい!移住サポート体制

まとめ

イベント情報

「さが移住サポートデスク」って?

20190227_h2_01.jpg

佐賀県への移住に関心がある方を対象とした相談窓口として平成27年に開設した「さが移住サポートデスク」。平成28年には福岡と東京デスクも開設し、ますます移住の相談者は増えているといいます。

現在、佐賀県庁新館1Fにある「さが移住サポートデスク(暮らしの窓口)」には、 "しごと""暮らし"の移住コーディネーターがいらっしゃるのでそれぞれ話を聞いてみました。

"しごと"の移住コーディネーターって具体的にどんなことをサポートしているんですか?

20190227_h2_02.jpg

[移住コーディネーター(しごと担当)松永さん 佐賀県出身]

主に、佐賀県への就職(UJIターン)をお考えの方に「さがUターンナビ」という就職マッチングサイトを通して、県内の企業様をご紹介しています。
普通のハローワークと違うところは、「急募ではない」というところ。半年後や一年後などに引っ越しを考えられている方に向けて発信しているので、内定してからも、ゆっくり移住後の生活準備ができるようになっています
佐賀県への移住者全体を見た時に20代~40代の方が半数以上を占めるのですが、仕事のサポートをしている中で、定年を機に佐賀に戻って来られる方や老後は佐賀で暮らしたいといって相談に来られる方もいらっしゃいます。

年齢や経歴・スキルをみて就職先をご案内しますが、お一人おひとりのニーズ応じてきめ細やかなサポートを行っているので、気軽に相談に来ていただければと思います。

さが暮らしを通じて人のあたたかさを感じる

20190227_h2_03.jpg

移住するにあたって、どんな不安を持たれることが多いですか?

[移住コーディネーター(暮らし担当)立﨑さん 神奈川県出身]

私は、子育て環境や住まいなど暮らしに関する相談のサポートをしているのですが、漠然と地域に馴染めるか?と不安を感じられる方が多いかもしれません。また、幼いお子さんがいらっしゃる方は、保育園・幼稚園や学校の特色などを教えて欲しい!などのご相談を受けることもあります。

でも、実際に移住された方に話を聞くと、佐賀は暮らしやすいと感じていただけるケースがほとんど

私たちも相談者さんのニーズに合わせて、現地をご案内したり、"地域のキーマン"にお繋ぎしたりしているので、一番気になる"地域に馴染めるか?"という不安に対しても軽減できるようにお手伝いしています。

地域のキーマン?といったらどんな方なのでしょう?

佐賀県では、移住者の暮らしの不安を少しでも解消できるように、各市や町に「地域移住サポーター」という方がいらっしゃいます。その他にも、同じ境遇で、他県から移住されてきた先輩移住者や地域おこし協力隊の方などもご紹介します。皆さん積極的に地域活動をされている方が多く、例えば「自分のお店を開きたい」などの目的があって移住してきた方に対しても協力してくれる方も結構いらっしゃるんです。

有田町で現在「kasane」というレストランをご夫婦でされている鈴木さんは、初め東京のさが移住サポートデスク東京(ふるさと回帰支援センター)に来られたのですが、県内を回られた後、ご自身にぴったり合った物件に有田町で巡りあわれ、移住されました。

20190228_h1_05.jpg

[レストランkasane 鈴木さんご夫婦]

移住を考えられている時に、有田町の地域おこし協力隊の方とお繋ぎしたのですが、その方をはじめ町全体でもっと面白くしていこうと活動している方が多く、「一緒にこの町で頑張ってみたい!」というモチベーションになったと話されていました。

また、大家さんをはじめ、地域住民の方が何かと気にかけてくれたり、助けてくれたりすることが多く、"いい人がめちゃくちゃいい人"ということ。人とのあたたかい繋がりの中で支えられながら生きているという実感は、移住してから得られたものだという嬉しい声もいただいています。

移住のサポートをする上で生かしていること

20190227_h2_04.jpg

立﨑さん:私は、神奈川県横浜市出身で、佐賀に移住してきて1番感動したのは、暮らしやすさでした。当時、小学校1年生になる子どもがいたのですが、都会は子どもを連れてご飯を食べに行くのもどこかに遊びに行くのも基本大人が優先の世界で、外出するのが苦痛だったんです。でも、佐賀に来てみたら、公園も混んでないし、ボール禁止のところもなくて。
ご飯を食べにいった際、子どもが汚しても当たり前のように「いいですよ」「気にしなくていいですよ」といって片づけてくれて。些細なことですが人のあたたかさを感じましたね。

ですから、子ども連れのご家族の対応をさせていただく時には、都会との生活の違いや佐賀での自分の経験をお話させていただくこともあります。

20190227_h2_05.jpg

[移住コーディネーター(暮らし担当)水田さん 宮崎県出身]

私は、主人の父が佐賀の方で、定年後にUターンして家を建てたタイミングで一緒に佐賀に移住してきました。私は宮崎県出身なのですが、佐賀ってすごくうらやましい場所にあると言われます。
九州の方って福岡県にあこがれを持っていて、福岡に行きたいという思いがあると思うんです。でも、福岡に行きたいけれども福岡に住みたいわけではなかったりするんですね。

その点で佐賀は、福岡のお隣だから都会に近く、でも、しずかで暮らしやすい。通勤・通学にも便利です。

本州にも出やすく、高速道路で九州各地どこにでもいけるし。
治安のよさはいうまでもないですがやっぱり生活していく上で重要ですよね。

私と同じように九州の他県から佐賀へ移住を考えられている方には、自分の経験もですが、距離感やアクセス面のメリットなど暮らしていく上で必要なご案内もさせていただいています

これは嬉しい!移住サポート体制

佐賀県に移住を考えられている県外の方へ朗報!

■レンタカー助成金

現在、佐賀県では、県内を移動して暮らしや仕事などの情報を収集するための「レンタカー費用の一部を助成」しています。
それがなんと1日1000円(最大3日間)で借りられるということ。

20190228_h1_08.jpg

それぞれの市町の距離感や住みたいと考えている街の雰囲気を見るのにどうしても必要な車。これは嬉しい制度ですよね。
※詳しくは、さが移住サポートデスクにご相談ください。

■サガスマイルカード

20190227_h2_08.png

移住前3年間、移住後1年間使えるカード。カードを提示すると、お得な割引やサービスが受けられるというもの。
例えば、移住を考える時に何かと必要になってくるレンタカー代、引っ越し費用など。カードの特典を使ってしまったけれど、やっぱり移住しなかった......という場合でも大丈夫。安心してご利用いただけます。

※詳しくは、こちらをご覧ください。
https://www.sagasmile.com/sagasmilecard-member/

20190227_h2_06.jpg

まとめ

年々増えているという佐賀県への移住者。さが移住サポートデスクや各市町の移住支援制度を活用されて移住された方は平成29年度だけで636名に上ったということ。こんなにも佐賀県へ移住をされている方がいるなんて思いもしなかったのですが、佐賀の自然の豊かさや人のあたたかさが暮らしやすさとなり、佐賀への移住者が増えているのかもしれません。

※移住希望地域ランキング全国第10位(認定NPO法人ふるさと回帰支援センター調)
※幸福度ランキング九州第1位((一財)日本総合研究所「全47都道府県幸福度ランキング」)

完全移住とは言わずとも、2拠点生活の候補地として佐賀県を考えられている方や本人ではなくご家族からの相談も大歓迎だということです。
その土地の情報や制度は自分だけではなかなかわからないもの。佐賀へ移住を考えている方、また、周りに移住の選択肢として佐賀をおススメしたい方。
「さが移住サポートデスク」をのぞいてみませんか?

20190227_h2_07.jpg

情報

サガスマイル

WEB:https://www.sagasmile.com/

さがUターンナビ

WEB:https://sy.pref.saga.lg.jp/saga-uturn/

さが移住サポートデスク

■佐賀デスク

佐賀県庁新館1F 
 電話:0952-25-7551 
 MAIL:sagaiju@pref.saga.lg.jp
 相談時間:10:00~19:00
 (土曜日・日曜日・祝日は休み)

■福岡デスク

・博多バスターミナル9階 貸ホール
 (福岡県福岡市博多区博多駅中央街2-1)
 ※相談予約・お問い合わせは佐賀デスクまでお願いします。

〈さがIJU女子相談会〉※女性限定
 天神イムズ3階 ローカルデベロップメントラボ内
 (福岡県福岡市中央区天神1-7-11)
 ※相談予約・お問い合わせは佐賀デスクまでお願いします。

■東京デスク

 ・認定NPO法人 ふるさと回帰支援センター
 (東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8階)
 電話:090-1657-8205
 MAIL:saga@furusatokaiki.net
 相談時間:10:00~18:00
 (月曜日・祝日は休み)

20190228_h1_12.jpg

イベント情報

笑う、佐賀展

佐賀が住む人々が笑顔でいられるそのワケを、みなさん知っていますか?
こんな笑顔、あんな笑顔。
私たちも"にこにこ"したくなる佐賀が、イムズに集まる2日間。
▶移住相談のご案内も行っています。気軽に足をお運び下さい。

場所:天神イムズB2F イベントスペース、3Fローカルデベロップメントラボ
   (福岡県福岡市中央区天神1-7-11)

期間:2019年3月9日(土)~10日(日)
時間:10:00~20:00
WEB:詳細はコチラ


EDITORS SAGA編集部 中村美由希

EDITORS SAGA 編集部

編集部

今までなかなか紹介されていないような佐賀の隠れた魅力や新しい情報をお届けするべく日々、奮闘中!...

このEDITORの他の記事を見る

ページの先頭に戻る