「Youは何しに大川内山へ?」VLOGで知った【ベースキャンプ伊万里】がOPENするって話!

EDITOR'S コラム 伊万里市 出会う暮らす知る遊ぶ

「Youは何しに大川内山へ?」VLOGで知った【ベースキャンプ伊万里】がOPENするって話!

「編集長!伊万里に最近きてる人がEDITORS SAGAのことYouTubeで紹介してるよ!」友人からの知らせがきっかけでした。

こちらが、VLOG(ヴイログ)でEDITORS SAGAを紹介してくれた ボーフィス大器 (タイキ)くん
桜が伊万里大川内山に咲いたよ!という内容のVLOG。

佐賀に拠点を置こうと考えていた時からEDITORS SAGAをみて、佐賀について調べていたらしい。

EDITORS SAGAで紹介した「【佐賀の桜】お花見スポット30選!地元エディターのオススメ」。
この記事を紹介して、30選の中に大川内山の桜が含まれていなかったことを指摘!(笑)
大川内山にも桜スポットあるよ!って教えてくれました。

ここまでアプローチされたら行ってみなくちゃ!
ってことで、会いに行くことに......

(VLOG 【ヴイログ、ブイログ】 とは、「VIDEO BLOG」の略で、文章の代わりに動画を用いて公開されるブログのこと。)

basecamp伊万里って?

20190522_h1_02.jpg

秘窯の里と呼ばれる大川内山に到着。

20190522_h1_03.jpg

坂を上って、この自販機を左に曲がると.......

20190522_h1_04.jpg

大器くんが愛犬マロと出迎えてくれました。

比較的分かりやすい場所に位置しているbasecamp伊万里(ベースキャンプイマリ)
建物も古民家を活かした雰囲気で期待が膨らみます。

20190522_h1_05.jpg

中に入ると、立派な梁とフローリング、オシャレな家具たちが!古いものをあえて残し、とても素敵な雰囲気です。

2019年2月下旬に改装し始めたという事で、大器くんのお父さんが縁側の工事をしている真最中でした。

20190522_h1_06.jpg

こうやって6月のOPENに向けて毎日一緒に改装を頑張っているんだって。

20190522_h1_07.jpg

あれがVLOGで紹介した桜の木です!
宿泊客が泊まる部屋から見える景色を指さして教える大器くん。焼き物を焚く煙突や山々に囲まれた周りの景色は圧巻でした。

ところで、このbasecamp伊万里って何するところなの?

20190522_h1_08.jpg

「コンセプトは『クリエイティブな人が集まる場所』。

basecampのCAMPはそれぞれ

Creative(クリエイティブ)
And(アンド)
Meeting(ミーティング)
People(ピープル)

からとっています。

カフェラウンジ、そして宿泊機能を持たせた施設です。ここに集まったクリエイティブな人が共に盛り上がり、新しいことに挑戦できる場所になれたらいいなと思っています」(大器くん)

20190522_h1_20.jpg

ラウンジは、ゆっくりしながら、打ち合わせもできるスペース

20190522_h1_09.jpg

アトリエスペースは、ものづくりをしている人が自分の作品を発表する場として使えるスペースにしたいということ。

20190522_h1_10.jpg

クリエイターが作業を集中してできるスペースもありました。

20190522_h1_11.jpg

カフェにあるのは、フランスの小さなカフェにありそうなシンプルなドリンクメニューとブラックコーヒーだけ

そういう大器くんだったけれど、出されたコーヒーは美味しかったし、詳しく聞くと、ディアボロマントディアボログルナディンマンタロー......
など、フランスでは定番だけど、佐賀では珍しくてしょうがない飲み物も用意する予定ということ。

20190522_h1_12.jpg

大川内山のせせらぎと鳥の声とフランス仕込みのドリンク。
イメージしただけでも心地がよいでしょ?

20190522_h1_13.jpg

言い忘れましたが、大器くんはというと、フランス人のお父さんと武雄出身で日本人のお母さんとのハーフ
フランスやタイ、メキシコ、東京などに住んでいたことがあって佐賀(武雄)には、年に一度お正月に来ていたといいます。

今まで、佐賀には年に一回来る程度でよく知らなかったという彼。両親の会社を手伝うようになり、数年前にフランスの大手テレビ会社向けに九州に焦点を当てたドキュメンタリーをプロデュースした際、改めて九州の魅力を発見したということ。

東京だけではなく、九州のベースが欲しいと考えていた時に、たまたま大川内山でこの可愛らしい空き家を見つけたそう。

20190522_h1_14.jpg

物件の決め手となったのはこのタイル!とお父さんが教えてくれました。

なぜ大川内山だったのか?

20190522_h1_15.jpg

大器くんの両親は、東京で株式会社 M Global Japanというイベント機材(球体バルーン)やPR事業。そして、「ベースキャンプスタジオ東松原」といって、映画、TVCM、WEB動画広告、ドラマ、スチール撮影などができるハウススタジオを運営しています。また、日本各地のロケーションハンティングや撮影コーディネーションの手配など、映像に関わる支援もしているんだとか。
[Fixer in Japan]
https://mglobaljapan.com/service/fixer-in-japan/

20190522_h1_18.jpg

仕事を通じ、色々と日本をまわっている中で、外国人から見ると佐賀県はすごくポテンシャルがあったといいます。
観光客は東京や大阪など、ゴールデンルートと言われる所にばかり行っているけれど、もっと日本のいい場所があるし、それをみんなに知ってほしいということ。

20190522_h1_17.jpg

彼ら曰く、大川内山が佐賀県の色々な観光地の真ん中に位置しており、basecamp伊万里をハブとして、外国人を含めた観光客に様々なところに行ってもらえればと考えているそうです。

日本に対して詳しく、海外目線からみる日本・佐賀の話しを聞けてなんだか嬉しくなりました。

20190522_h1_19.jpg

[愛犬:マロちゃん]

まとめ

気さくで礼儀正しい大器くん。バンコクの広告代理店で働いた経験もあり、その時、映像を趣味で始めたそう。YouTubeチャンネルを見ると身近な人や自然など、ありのままを切り取ったセンス溢れる動画が多数UPされています。
佐賀にきてまだ3ヶ月しか経っていないのに、地域の人と仲良くなり、コアな情報も知っている彼
basecamp伊万里(ひとまずカフェ&ラウンジ)のオープンは2019年6月15日を目指しているということ。気になる方は、覗きに行ってみてください。

あ!そうそう、これから大器くんが......
この続きは、またEDITORS SAGAでお知らせします。
お楽しみに!

(※取材・撮影は、2019年5月18日にしたものです。)

20190522_h1_21.png

情報

basecamp伊万里

住所:〒848-0025
   佐賀県伊万里市大川内町乙1848
お問い合わせ:080-9557-0471
       【受付時間】10:00 〜 20:00
メール:info@mglobaljapan.com
WEB:https://basecampimari.com/
会社:https://mglobaljapan.com/

Instagram:@basecampimari
Facebook:https://www.facebook.com/basecampimari/
YouTube:https://www.youtube.com/c/TaikiBeaufils


EDITORS SAGA編集部 中村美由希

EDITORS SAGA 編集部

編集部

今までなかなか紹介されていないような佐賀の隠れた魅力や新しい情報をお届けするべく日々、奮闘中!...

このEDITORの他の記事を見る

ページの先頭に戻る