【ただの眼鏡・時計屋じゃない!?】廃材アートの世界「眼鏡・時計いとお」|鳥栖市

【ただの眼鏡・時計屋じゃない!?】廃材アートの世界「眼鏡・時計いとお」|鳥栖市

みなさんは、時計・眼鏡店と言ったらどんなイメージを思い浮かべますか?
チクタク音が響き渡る店内?視力検査器や大きな古時計が飾ってあるイメージ?

鳥栖駅近くにある「眼鏡・時計いとお」では、珍しいアートの世界が広がっていたんです!
日本でも唯一の廃材アートを行う眼鏡・時計屋さんを紹介します。

廃材アートって?

20200507_h1_02.jpg

[ネズミ]

トップの画像ではカエルをお見せしましたが、こちらは時計の廃材を使ったアート作品。
店主の伊藤尚史さん(2代目)が動かなくなった、時計の部品を使用して作っています。

20200507_h1_03.jpg

作品は、カマキリ・鹿・バラなど大きいものから小さいものまで様々。
文字盤やムーブメント、ゼンマイ、ベルトなど基本的に全部のパーツが使えるというから驚きです。

廃材アートを始めた理由

県内唯一の眼鏡士

20200507_h1_04.jpg

「眼鏡・時計いとお」では、掛け時計に置き時計、そして腕時計の販売にあわせ、メガネの販売も行っています。
メガネの販売を始めた伊藤さんは、「認定眼鏡士SSS級」「一級時計修理技能士」という資格をお持ちの佐賀県でも唯一の方

認定眼鏡士とは、社団法人日本眼鏡技術者協会が2001年4月にスタートさせた国内唯一の認定資格制度による能力資格のこと。お客様に合ったオンリーワンのメガネ選びプロフェッショナルの事を言います。単に「見える」ということだけでなく、視機能相談をしながら眼の状態に合ったメガネの総合的なサポートができる技術者に与えられる資格です。

20200507_h1_05.jpg

特に、眼鏡の加工・検眼・フィッティングという3つの要素とそれに伴うスキルが必要な眼鏡士にとって、一番大事な検眼の技術に特化されています。
最近では、佐賀整肢学園 こども発達医療センターと提携し、子どもたちの検眼を行い、目から発達を見たり、治療だけでない支援の幅を広げたりする活動も行われています。

20200507_h1_06.jpg

[Jean Paul GAULTIER、Dior、Yves Saint Laurent、Bausch + Lombなど]

また、伊藤さんのこだわりから集めるようになったというのがデッドストックのヴィンテージ眼鏡

今では見られないようなディオールの昔のロゴが刻印されているものやレイバンの前身のボシュロム製のものまでレアな商品が色々ありました。
メガネは、店主自身で買い付けに行ったり、独自のルートで卸してもらったりしているということ。一点もののメガネを求めて、ファンの方が通われることも多々あるそうです。

20200507_h1_07.jpg

どうして廃材アートを?

きっかけは、名古屋の眼鏡専門学校に通い、眼鏡・時計屋を継ぐ前に「自分だけの何かができないか?」と考えたことからでした。
蚤の市や古道具屋さんに通うことが好きだったという伊藤さん。古道具屋さんが捨ててしまうものやお客さんが持ってきた使えなくなった時計を使って試行錯誤し、現在の「廃材アート」という形にしました。

20200507_h1_08.jpg

20200507_h1_00.jpg 伊藤さん

今では、近所の方が「これ大事にしていた時計なんですけど、使ってください」と持ってこられたり、新聞で取り上げられたことをきっかけに匿名で送られてきたりすることもあります。

もともと捨てられる運命だったものに命を吹き込む。ゴミを減らしたり、資源の再利用をしたりすることをリサイクルと言いますが、また違ったものへ価値を創造する「アップサイクル」としてみなさんにお届けできればと思っています。

20200507_h1_09.jpg

店内にも飾ってある「廃材アート」ですが、SNSでも作品を発信している伊藤さん。

地域や世界の色々な人に見てもらうことで「ゴミを減らすことって大事だよね」という意識喚起になればと想いを語られる姿が印象的でした。

20200507_h1_10.jpg

さいごに

お店を運営していく上で大事にしていることを聞きました。

いつでも気軽に来れる町のめがね・とけい屋さんになりたい

眼鏡や時計を修理しにきたり、買いにきたりするのが目的じゃなくても、フラッと立ち寄れる場所。
子供が廃材アートを見たいから連れてきたでもいいし、ちょっと目を見て欲しいから来たでもいい。

町の拠り所として敷居を低くし、いつでも誰でも来れるお店にしたいという伊藤さんの想いが、廃材アートという発信につながっているのかもしれません。

【お知らせ】

番組「学校ではおしえてくれないそこんトコロ」に出演

2020年5月8日(金)20:54~放送(テレビ東京系)

20200507_h1_11.jpg

店舗情報

店舗名 眼鏡時計いとお
住所 〒841-0037 佐賀県鳥栖市本町1丁目970−4
電話番号 0942-83-9620
営業時間 9:30-19:00
定休日 年中無休(不定休)
公式サイト

店舗WEB:http://ito-megane.com/
廃材アートWEB:https://peraichi.com/landing_pages/view/ticktackart

Instagram:https://www.instagram.com/ticktackart/

地図

EDITORS SAGA 編集部 中村美由希

EDITORS SAGA 編集部

編集部

今までなかなか紹介されていないような佐賀の隠れた魅力や新しい情報をお届けするべく日々、奮闘中!...

このEDITORの他の記事を見る

ページの先頭に戻る