【このまちで、時と出会いを重ねたい。】築160年の伝統的建造物をリノベーションしたRestaurant & Cafe「kasane」がオープン!

EDITOR'S コラム 有田町 食べる出会う

【このまちで、時と出会いを重ねたい。】築160年の伝統的建造物をリノベーションしたRestaurant & Cafe「kasane」がオープン!

有田を満喫できるお店「kasane」オープン

有田町の内山地区に、新しいお店が仲間入りしました。
なんと、江戸時代末期に建てられた伝統的建造物に指定されている建物をリノベーションしたそうです。かっこいい佇まいですね!

210180413_h1_01.jpg

玄関の扉に、お店のロゴ。とってもかわいい。
重ねた器に、お箸を持ったうさぎがちょこんと乗っています。

210180413_h1_02.jpg

中に入ると、すてきな女性がお出迎え。オーナーシェフの奥様・鈴木愛子さん。
なんと、現役のラジオDJなんです!この春からNBCラジオ佐賀でも、担当番組を持っているそうですよ~(毎週水曜13時~15時30分生放送)。

210180413_h1_03.jpg

店内は、古いものの良さをそのまま残したシンプルな内装。

210180413_h1_04.jpg

お尻にフィットするように作られた椅子がとても座りやすく、ゆっくりくつろげます。

そして、オーナーシェフの鈴木達男さん。
埼玉県出身で、東京で料理人を務めておられました。
昨年秋、有田ファンだった奥様・愛子さんの勧めもあり、佐賀県有田町へ移住。この地で開業することを決めました。

IMG_3751.JPG

「観光客の方も、まちに暮らす方も、気軽に来れるお店にしたい」と、達男さん。
口数は多くありませんが、言葉の端々から町への熱い想いが伝わってきます。

そして、お待ちかねのお料理。
盛られる器はもちろん、有田焼

IMG_3710.JPG

おススメは「佐賀牛の肉じゃが」(¥1,000)。東京の料理屋さん時代の自慢の一品が、佐賀牛を使うことで更にグレードアップした美味しさに。

また、"ありたどり" "ありたぶた"などの地元産のお肉から新鮮野菜に棚田米とことん有田の味を楽しめるメニューが盛りだくさん!

IMG_3728.JPG

「ありたどりの油淋鶏」950)。鶏肉のコクとソースの酸味が絶妙でバリうまです。

IMG_3745.JPG

「『雲の上の卵』を使った出汁巻」650)。ご飯にはもちろん、日本酒と一緒にいきたい...!

そして、昼はランチ、カフェタイムにはパフェやスイーツ、夜はお酒も楽しめます。
有田・宗政酒造で作られているクラフトビール「nomamba」も飲むことができるんです!
これは一日居れるパターンだ...!
 

多くの素敵な出会いが重なる場所に

移住してたった5カ月で開業することになった、鈴木夫妻。
たくさんの出会いや偶然が重なって出来たお店『kasane』で、これからたくさんの出会いを作っていきたいそうです。
「2階にも広いスペースがあるのでそちらを活用していろんなイベントを開いたり、誰かの願いを叶えらえる場所になったら。」愛子さんは目を輝かせて話してくれました。

ぜひ、有田へ出会いを重ねに来てください。

IMG_3695.JPG

kasane

住所:佐賀県西松浦郡有田町中の原2-1-7
営業時間:11:30 - 20:00
定休日:水曜日、第一・第三木曜日
TEL:0955-42-3100
Facebook:https://www.facebook.com/kasaneArita/
ホームページ:https://peraichi.com/landing_pages/view/kasane

有田町の移住・空き家相談窓口(担当:有田町地域おこし協力隊)

まちのオフィス春陽堂
住所:佐賀県西松浦郡有田町大樽2-3-6
営業時間:10:00 - 16:00
定休日:水曜日、日曜日
TEL:0955-25-9230
Facebook:https://www.facebook.com/aritakara2015/
Instagram:https://www.instagram.com/arita_kara/
ホームページ:https://arita-kara.jp/


有田町地域おこし協力隊 佐々木元康

有田町地域おこし協力隊

にゃんにゃんず

有田町地域おこし協力隊の3人組ユニット。 有田出身の佐々木(♂)、札幌出身の上野(♀)、長崎出身の高橋(♀)で構成される。それぞれ...

このEDITORの他の記事を見る

ページの先頭に戻る