11/4「音楽でたくさんの人を楽しませたい!」【嬉野市ブラスフェスティバル】

11/4「音楽でたくさんの人を楽しませたい!」【嬉野市ブラスフェスティバル】

こんにちは。嬉野エディターの松本です。嬉野市に吹奏楽団があることをご存知ですか?

2015年4月に設立した「嬉野市民吹奏楽団」。実は、嬉野市初の市民吹奏楽団なんです!自分たちの定期演奏会だけでなく、「いろいろな地域からも参加できるようなイベントを」とフェスの企画から運営まで行っている団体です。

今回は、11/4に開催される『嬉野市ブラスフェスティバル』と嬉野市民吹奏楽団についてお知らせします。

今までの活動と練習の様子

ureshinowind7.jpg

嬉野市内のさまざまなイベントに出演し、音楽でイベントを盛り上げている嬉野市民吹奏楽団。街角で生の演奏が聴けるとは......なんとも素敵な時間なんです!

現在およそ30名で活動している嬉野市吹奏楽団は、毎週火・木・金に嬉野市中央公民館で練習が行われています。

夏は野外演奏で多数のイベントに出演されていました。

「うれしの土曜夜市」での演奏

ureshinowind26.jpg

ureshinowind27.jpg

ureshinowind28.jpg

嬉野温泉花火大会 夏まつりでの演奏

ureshinowind30.jpg

青空いっぱいに音楽が響き渡り、迫力満点の演奏でした!

この日は市外の吹奏楽団も助っ人参加しています。

ureshinowind31.jpg 私の近くにいた中学生たちが「かっこいい~!!!」と目をキラキラさせている姿が印象的でした。

ureshinowind29.jpg

嬉野市民吹奏楽団って?

嬉野市民吹奏楽団は嬉野中学校吹奏楽部OBだった廣川 滋さんの呼びかけで結成。

ureshinowind18.jpg

廣川さんは、OBとして嬉野中学校吹奏楽部の外部指導を行われていました。団員の多くは中学時代から廣川さんと交流があるそう。年齢関係なく、みなさん仲が良く活動されている姿がうらやましいくらいです!

ureshinowind14.jpg 団長を務めるのは古賀 哲郎さん。廣川さんからの指導を受けたことがある方。

嬉野市民吹奏楽団は、廣川さんが副団長となり5,6人でスタートしました。団員募集の説明会を開き、少しずつ団員は増えていきます。

そして、いよいよ初舞台!2016年1月佐賀嬉野バリアフリーツアーセンター主催の「湯らっくすコンサート」。少人数ながら楽しい演奏を披露されていました!

ureshinowind20.jpg

偶然この場に居合わせた私。「えー?初舞台?!これはきちんと撮っておかねば!!!」と張り切って撮っていましたが、その頃はまだ小さなデジカメで活動したのでこれが精一杯の写真です......

団長の古賀さんは「思い出に残る楽しい演奏でした」と感想をお話されていたのを今でも覚えています。

ureshinowind23.jpg

同じ月には嬉野市制施行10周年記念式典があり、嬉野小学校・嬉野中学校の子どもたちと一緒の舞台に。この時、親子や兄弟共演がありました。親子で同じ音楽を奏でられるなんて素敵ですよね。

ureshinowind225.jpg

嬉野にいつか吹奏楽団を作りたい

「嬉野に吹奏楽団を作りたい」

この夢をずっと抱き続けていた廣川さん。実は約40年前、嬉野中学校吹奏楽部OBで「UOB(ユーオービー)」という団体を結成し演奏活動などを行っていたそうです。もちろん廣川さんも参加。2019年3月に閉館した嬉野市公会堂(当時は嬉野町公会堂)で練習を重ね、コンサートも開いていました。嬉野町の音楽愛好家は「すごい演奏だった」とUOBのことを伝説のように語り継いでいます。

他のUOBメンバーから話を聞きましたが「とにかく楽しかった。自分たちが楽しくないと相手も楽しくないよね。たぶん、自分たちカッコいい!って思いながら演奏していたんじゃないかな」と当時を懐かしんでいました。

ureshinowind13.jpg

嬉野市民吹奏楽団は学生から大人まで幅広い年代が参加する団体になりました。

ureshinowind34.jpg

そして、2017年11月に嬉野市民吹奏楽団主催のイベント「嬉野市ブラスフェスティバル」を初開催。定期演奏会でなく、ある思いを持って企画されているものなのです。

ureshinowind35.jpg

音楽を続けられる環境を作りたい

音楽でたくさんの人を楽しませたい

そのためには音楽を続ける環境が必要となります。高校に進学したら吹奏楽部がなくて音楽を辞めた子もたくさんいたようです。

ureshinowind2.jpg 数年後には嬉野に初めての駅ができることもあり、嬉野市民吹奏楽団主催でいろいろな地域からも参加・鑑賞ができるようなイベントをやっていきたいと企画したのが「嬉野市ブラスフェスティバル」。単独演奏を開催する楽団が多い中、嬉野市民吹奏楽団は「フェス」として開催しているんです!

ureshinowind15.jpg 2017年に初開催時は、嬉野小学校金管バンド部、嬉野中学校吹奏楽部、そして嬉野市民吹奏楽団が参加し、最後は全員での演奏。

2018年からは、一般の方も自由参加が出来る時間が設けられました。

もちろん2019年も開催されます!

今年は嬉野小・嬉野中・嬉野高校や県内の吹奏楽団の出演も決定しています。個性豊かな演奏がお楽しみいただけますよ。

また、一般の方が一緒に演奏できる「自由参加演奏会」は当日まで受付されていますのでまだまだ間に合います!自宅に眠っている楽器はありませんか??久しぶりに、手に取ってみてはいかがでしょう!?

嬉野市ブラスフェスティバル情報

ureshinowind36.jpg

ureshinowind37.jpg

当日のプログラム

【単独演奏出演団体】

・嬉野小学校金管バンド部  ・嬉野中学校吹奏楽部

・嬉野高校 嬉昇伝心太鼓  ・嬉野高校 ソングリーディング部

・嬉野市民吹奏楽団     ・小城ウィンドアンサンブル(小城市)

【合同ステージ】

・嬉野市民吹奏楽団     ・小城ウィンドアンサンブル

みささぎ吹奏楽団(武雄市) ・唐津音工房(唐津市)

【自由参加演奏会】

当日まで申し込み受付中!「宝島」『マーチ「エイプリル・リーフ」』などを演奏します。会場に持ち込める大きさであればどの楽器でも大丈夫です。

「町を元気にしたい。吹奏楽はその力がある」

ureshinowind16.jpg

指揮や指導を行う赤羽さんは「このフェスをきちんと成功させ、長く続けていきたい。町のなかにどんどん入っていって、町を元気にしたい。吹奏楽はその力があると思う」と語ります。

赤羽さんは学校にも声をかけ、今年は高校も参加することになりました。今までなかった小・中・高の参加を実現させたのです。

ureshinowind6.jpg

団員に吹奏楽団に入った理由を尋ねてみたところ「中高の同級生から誘われました。中学校で廣川さんの指導も受けています。その時に、私は音楽が好きということに改めて気づきました。高校になってからは、音楽は趣味として楽しみましたね」

中学の時に感じた「好き」の気持ちが、大人になっても音楽活動を続ける原動力となっているんですね。

ureshinowind19.jpg

練習会場では、「みんなで一緒に演奏するのが楽しいから入りました」という話をたくさん聞きました。

ureshinowind4.jpg

音楽は年齢を超えて楽しめる」と赤羽さん。

休憩中も笑いが絶えない練習会場。その様子から仲の良さを伺えます。ほかの吹奏楽団からは、「嬉野は仲がいいね」と言われるほど雰囲気がいいそうです。

ureshinowind8.jpg

今回紹介はできていませんが、「0歳からのためのファミリーコンサート」も2018年に初開催しています。子ども向けのアニメソングを中心としたプログラム。赤ちゃんの泣き声も、足音もみんな楽器に。幼いころから身近に楽器演奏を体験できる機会を作りたいと企画されたそうです。

ureshinowind11.jpg

団員も大募集中!初めてでも大歓迎だそうですよ。演奏する楽しみ、喜びをみんなで一緒に感じませんか。

嬉野市民吹奏楽団

【練習場所】

嬉野市中央公民館(塩田公民館)大集会室

住所:嬉野市塩田町大字馬場下甲1769   駐車場あり

【練習時間】 

毎週火曜・金曜日19時~22時は個人練習

毎週木曜日19時~22時は合奏日

【団費(月額)】 ※入団の際は楽器と譜面台をご用意ください

社会人 2,000円   学生  1,500円

Twitter    https://twitter.com/ureshino_wind

Instagram  https://www.instagram.com/ucwo.official2015/

嬉野市民吹奏楽団事務局 TEL 0954-43-1682(廣川さん)

嬉野市ブラスフェスティバル

場所

嬉野市社会文化会館「リバティ」

日付 11月4日(月・祝)
時間 12:00開場 12:30開演
お問い合わせ

嬉野市民吹奏楽団事務局(TEL 0954-43-1682)

ucwo.official2015@gmail.com

地図

ローカルフォトグラファー

松本 聡子

1984年 鹿島市出身、嬉野市在住。図書館司書、CATV、嬉野市の情報発信業務を経て「ローカルフォトグラファー」の活動を志す。主な...

このEDITORの他の記事を見る

ページの先頭に戻る