【アウトドアと私】in 吉野山キャンプ場

【アウトドアと私】in 吉野山キャンプ場

こんにちは。キャンプインストラクター大坪です。

実はこの投稿が、キャンプインストラクター大坪としてラストになってしまうかもしれません。

というのも、私大坪、ステップアップを目指し、キャンプディレクター(2級)に挑戦します!

※この後、無事キャンプディレクター2級を取得しました!

......というわけで、今回のキャンプサイトは?

今回紹介するキャンプ場は、佐賀大和ICから19km。佐賀市三瀬にあります「吉野山キャンプ場」です。

こちらはキャンパーの中で定評があり、佐賀県内では予約の取れないほど人気のキャンプ場です。

私も2か月前から予約し、今回やっと宿泊することができました。

20210312_so1_10.jpg

長崎自動車道 佐賀大和ICから国道263号で三瀬方面へ。県道46号へ右折し、一般道を経由して約6kmで到着します。

佐賀市内から車で40分。しばらくすると、ホッとする道しるべが見えてきました。

20210312_so1_09.jpg

憧れの「吉野山キャンプ場」へ無事に到着

20210312_so1_04.jpg

20210312_so1_07.jpg

「吉野山キャンプ場」到着。親切な区画版

キャンプ場に到着後、すぐさま管理棟へ行きます。

こちらが「吉野山キャンプ場」の管理棟。管理棟で手続きを済ませた後は"マイキャンプスタイル"スタートです。

20210312_so1_15.jpg

20210312_so1_16.jpg

管理棟の横に炊事場があります。

さて今回、2か月前から予約をしていたことで「吉野山キャンプ場」のベスポジサイトナンバー9をゲットすることができました!

こちらオートサイト15区画(車乗り入れサイトの意味)とログハウス4室を含め19サイトがあります。また、今回私が利用したオートサイトの9番は大型シェルターや大型テントも張れる広い面積でした。

20210312_so1_17.jpg

サイトエリアには丁寧に名前が記されてました。

時間は15時。ぼちぼちと設営し始めているキャンパーさんたち。

20210312_so1_11.jpg

今回の宿泊するテントは......?

今回初めて披露するテント、その名もA&F社デザイン サバティカルのモーニンググローリー。

こちらは大人気のテントのため抽選販売のみ。これまで3回外れ、この度4度目にして当選

20210312_so1_19.jpg

女一人、ドキドキの初設営。

20210312_so1_20.jpg

こちらのテント、簡単設営で人気のワンポール式ではあるが、モーニンググローリーはセンターポールの自立ではないため微妙な角度がありました。

またこの日、風に煽られ何度もワンポールが倒れる始末。

スマートできないことにかっこ悪さを感じ、勝手に回りの目線が気になる。みんなが私を見ている気がしてならない......。

そんな時は、椅子に座ってYouTubeで勉強。

YouTubeの勉強の効果でなんとか設営。1時間はかかりました。

しかしサイドポールの角度がシンメトリーにならない。設営ミス?

同じモーニンググローリーをもっている友人に連絡し、修正方法を聞き、なんとか初設営完了。

とても広くて快適なシェルター型テントです。

20210312_so1_23.jpg

サイト近くには井戸水も

ありがたいことにサイト9のエリアには井戸水が流れていました。

湧き水は冷たくてとても気持ちいです。

子供たちが数名、井戸水を汲みにきていました。今の子供たちは、井戸水にどんなイメージをもっているのだろうか。

最近では井戸など見たこともない子、野山で遊んだ経験がない子もいるなか、自然から湧き出る地下水を身近に感じる機会があることは大切と感じますね。

20210312_so1_29.jpg

火起こし準備!

便利な火起こしアイテムのフェザースティックを作ってみました。

フェザースティックとは、その名の通り、枝を削って先端を羽毛のようにしたものなのですが、私が削ったものは大雑把そのもの。中途半端なフェザースティックとなりました。もはやフェザーとは言いませんね。練習します。

20210312_so1_22.jpg

今回の夕飯は?

さてと、今回の夕飯はパエリアにしました。

あらかじめ自宅でカットした野菜を炒めて調理するのみ。

20210312_so1_24.jpg

真っ黒な鋳鉄製ロッジのスキレットと炎のマリアージュここにあり。

20210312_so1_27.jpg

ロッジの蓋には裏面に突起があり、蒸発した水分が料理に落ちて旨みを逃がさない工夫がされています。

20210312_so1_12.jpg

旨みが雨のようにパエリアの中に戻されます。

キャンプの夜の過ごし方

すっかり夜となりました。撮影許可を頂いたので回りの写真を掲載。

ファミリーキャンプ(ファミキャン)にグループキャンプ(グルキャン)の方たち。

グルキャンの方はゲームをもってきて、プロジェクターに投影し、野外ゲームを楽しんでいました。キャンプの遊び方も進化していますね。

ちなみに私は、鬼滅の刃の「炎」をかけていたら近くの子供たちが寄ってきてくれました。(もちろん低音量で)

20210312_so1_26.jpg

焚き火で暖を取り、サバティカルモーニンググローリーテントで睡眠を取る。

20210312_so1_13.jpg

そして、朝!

おはようございます。

青空に恵まれ起床。お腹はまだまだ空いてないけれど、野外生活での心拍数は通常より高め。生きる力が湧き出し食を求めてしまう。

大きめソーセージに切り込みをいれ、パワーモーニング! 

こちらインスタグラムで好評を頂きました☆

20210312_so1_28.jpg

食後は近くをお散歩。

20210312_so1_06.jpg

こちらはお手洗い。綺麗に管理されています。

上からの景色。

撤収作業を終えてるグループもチラホラと。

20210312_so1_05.jpg

今回は佐賀市三瀬村藤原井手野にある人気のキャンプ場「吉野山キャンプ場」を紹介しました。

緑の山々に映えるお洒落なログハウスが目を引き、オートキャンプやテントサイトも充実。

夏は近くのクヌギの林でカブトムシやクワガタが獲れることもあるそうです。今年の夏は早めに予約して、ぜひこちら「吉野山キャンプ場」を訪れて、自然を満喫してみてはいかがでしょうか。

今回のキャンプサイト

20210312_so1_30.jpg

サイト名 吉野山キャンプ場
住所 〒842-0302 佐賀県佐賀市三瀬村藤原 井手野
情報サイト https://www.sagabai.com/
詳細

【料金】
サイト使用料=1区画2000円、デイキャンプ大人300円、小人100円
宿泊施設=ログハウス1階建6000円、2階建10000円

【電話】0952-56-2301 (管理人)
※予約は随時受付

地図

マルチタレント/ キャンプインストラクター

大坪紗耶

1982生まれ 佐賀市出身 東京女子大学卒、10歳~22歳まで芸能事務所イエローキャブ等に所属し女優タレント業を行う。 九州に活躍...

このEDITORの他の記事を見る

ページの先頭に戻る