【awai(あわい)】「五感が美味しい!」こころ落ち着くカフェ|佐賀市

EDITOR'S コラム 佐賀市 食べる

【awai(あわい)】「五感が美味しい!」こころ落ち着くカフェ|佐賀市

佐賀市本庄にある「awai」。
「佐賀大学近くにおしゃれなお店がオープンしている!!」ということで、私、山林と園川で行ってきました。

20181031_h1_01.jpg

 店内は、外からの柔らかい光と木のぬくもりがひろがる温かい空間
この内装には意味があるそうで......のちほど。

見た目にも美味しいカレー

今回は、季節限定のグリーンカレーとawaiカレーを注文し、園川とシェアすることに。
まずは、グリーンカレー。
野菜とエビが大きく入っていて、見た目もきれいなのですが、野菜の味がしっかりしていて食感も楽しむことができました。 2人で「おいしい!!」とずっと言いながら食べていました(笑)
パクチーがふんだんに使われていますが、独特の臭みは感じさせず、爽やかな風味となって食べやすかったです(^^)

※10月現在グリーンカレーは終了し、季節限定で「ゴロゴロお肉たっぷりのawai特製カレー」(税別¥1,400--)「ひよこ豆と金星豚の秋カレー」(税別¥1,300--)が登場しています。

20181031_h1_02.jpg

*awaiグリーンカレー*  (サラダ付き) 税別¥1,300ー
*awaiカレー*      (サラダ付き) 税別¥1,100−

ドリンクセット+¥150(コーヒー/オレンジ/りんご/ジンジャーエール)

そして、お次はawaiカレー。
こちらはグリーンカレーと反対に、とってもシンプルな見た目ですね。
大きくのっているチキンバーが印象的で、食欲をそそられます。
ルーは鶏肉と野菜がまろやかに合わさったもので、ご飯ともよく合いました

20181031_h1_03.jpg

店名「awai」のひみつ

食事が終わったあと、スタッフの方と話すことができ「awai」というお店の名前について聞いてみました。
「awai」を漢字にすると "間"や"淡"

ヒト・モノ・コト すべての境界線の"あわい"にという意味がこめられているそうです。
五感を満たすというコトを考えてつくられた空間やお食事、自然が持つ力や昔のヒトが大切にしてきた智慧を今の暮らしと結びつけるモノづくりなど、随所にその姿勢が表れていました。

食べて美味しく、体にも優しいなんて五感で優しい美味しさを感じられるなんて......最高ですよね!

内装のこだわりにもawai

20181031_h1_04.jpg

ここで、最初に言っていた店内の雰囲気の意味をお話ししたいと思います(*^^*)
お店の内装、外装には加工されていない木がたくさん使われているのですが、これは、「何にでも染まる、溶け込んでいく」ということをイメージし、設計されたそうです。

店内には食事スペースに加え、セレクトショップ(準備中)やレンタルスペース(六畳二間)があり、作家さんの作品展示やヨガのイベント、ライブなどのイベントも定期的に行っているということ。

レンタルスペースは個人でも利用可能ということだったので、気になる方は借りてみてはいかがでしょう?

20181031_h1_05.jpg

今回は「おしゃれ!」ということで伺ったお店でしたが、 コンセプトが深く、店内のいたるところに表現されていてとっても素敵な場所を知れて嬉しくなりました 。

カレーだけでなく、デザートやテイクアウトもあるそうなので、次回は食後のスイーツタイムとして行ってみたいです(^^)
皆さんもぜひ。

20181031_h1_06.jpg

p.s.
カメラを持っていくのをオススメします♪思わず写真を撮りたくなるようなお店です(^o^) 私は綺麗な夕焼けの日に空と一緒に外観を撮りたいんです......

20181031_h1_07.jpg

INFORMATION

awai

OPEN 11:30−19:00
 DRINK L.O.18:00
 LUNCH TIME 11:30-15:00(L.O.14:30)
 CAFÉ TIME 15:00-19:00(L.O.18:00)
 RENTAL SPACE 10:00-19:00

CLOSE 木曜日

住所:〒840−0027
佐賀市本庄町大字本庄261-1
TEL:0952-37-0587
WEB:https://www.blue-moment.co.jp/awai/
INSTAGRAM:@awai.bm


文責:山林
写真:園川、山林

佐賀大学芸術地域デザイン学部

RINGO

佐賀大学芸術地域デザイン学部 1期生。 福岡出身の鹿毛と山林、東京出身の前村、山口出身の園川のなかよし4人組☺︎☺︎☺︎☺︎♩ 女...

このEDITORの他の記事を見る

ページの先頭に戻る