【お菓子のじろう】受験生を応援する最強脳みそどら焼!佐賀県変わり種スイーツ巡り#15

EDITOR'S コラム みやき町 食べる

【お菓子のじろう】受験生を応援する最強脳みそどら焼!佐賀県変わり種スイーツ巡り#15

佐賀県のちょっと変わったスイーツを紹介する「佐賀県変わり種スイーツ巡り」シリーズ。今回は受験シーズンに食べたい&頑張る受験生に送りたい!そんな「最強脳みそどら焼」を紹介します。

みやき町で73年!地域に根付く和洋菓子店

みやき町原古賀の国道34号線沿いに店を構える和洋菓子店が、今回取材させていただいた「お菓子のじろう」さんです。

20181225_h2_01.jpg

店内に入ると、手前には和菓子、奥には洋菓子が所狭しと並んでいます。和菓子屋さんをしていたお父さんからお店を受け継いだ現在のご主人は、和菓子から洋菓子へ日本人の趣向が変化していくのに合わせて、独学で洋菓子づくりを学び、このお店を和洋菓子店へと進化させたそうです。

受験生を笑顔に!最強脳みそどら焼誕生秘話

店内に入ると、一番目立つところに大きくブースが作ってありました!

20181225_h2_02.jpg

これが今回のお目当ての「最強脳みそどら焼」です!

20181225_h2_03.jpg

お菓子のじろうの近くには、県立三養基高校があります。そこの高校生たちが毎日毎日お店の前を行き来しているのですが、受験シーズンになると朝早くから夜遅くまで受験生たちは学校に通っていて、特にその往来は多くなるそうです。そんな受験生たちを見ていたご主人が、

「何かこの子たちを受験疲れから助けられるお菓子を作れないものか!」

そう思って開発したのが、この「最強脳みそどら焼き」です。なんとも不思議なこのネーミングにも実はご主人の温かい想いが込められています。

「毎日必死に頑張っている受験生には、ぜひこれを食べて少しでも笑顔になって欲しい!」

そう考えたご主人は、まずは砂糖に「てんさい糖」を使用。てんさい(=天才)糖という得意のダジャレをまずは一つ加えます。そして、どら焼の中身に京都で有名な「西京味噌」を使用。

西京味噌・・・西京のお味噌・・・さいきょうのおみそ・・・最強脳みそ!

晴れてクスリと笑えて、美味しい受験生の背中を押す「最強脳みそどら焼」が完成しました。

20181225_h2_12.jpg

相性抜群な生クリームと西京味噌!現代風のどら焼

開けてみると、中にはダルマの刻印がしてあり、受験生への願掛けも十分です。(欠けちゃってスイマセン!)

20181225_h2_04.jpg

そして、中をパカッと割ってみると、生クリームと真ん中にジェルにした西京のお味噌が入っています。

20181225_h2_05.jpg

食べてみるとふんわりしたどら焼の生地と生クリームの甘さ、そしてほんのり味噌の風味があり、若者向けの現代風どら焼といった感じです。さらに、美味しくて、面白いだけでなく、てんさい糖は整腸作用があるため、胃腸の調子も良くしてくれることから受験の準備に向けてもピッタリです。

ちなみに、この最強脳みそどら焼は受験シーズンの期間限定販売です。11月~2月末しか販売していないので、受験生に限らず食べたい方はぜひこの期間にお買い求めください。

食べ比べが楽しい!時代や季節に合わせて変化するじろう名物3種のどら焼

実は、最強脳みそどら焼の販売前から、お菓子のじろうのどら焼は地元では美味しくて有名でした。

20181225_h2_10.jpg

初代のお父さんの頃から作っていたどら焼でしたが、時代の変化と共に日本人の味覚も変化していき、現代の子どもたちは和菓子より洋菓子を好むようになりました。そこで、ご主人はこれまでのどら焼を一から見直し、現代の子どもたちも好むようなフワフワ生地にして、さらに子どもが好きな黒糖を使うようにしたそうです。

そうして出来たのが、じろう名物「すねたくなるほど幸せな味」黒糖どら焼です。

20181225_h2_07.jpg

黒糖を使うことで、口当たりがよく上品な甘さになってフワフワ生地で食べやすいどら焼になっています。

20181225_h2_13.jpg

また、元々は秋の期間限定だったんですが、人気が出過ぎて「一年中食べたい」という声があったため、オールシーズン作り始めたというのが、この「栗どら」です。

20181225_h2_08.jpg

じろう名物のどら焼の中に栗が練り込まれた餡が入った栗どらは、栗好きにはたまらない一品です。

20181225_h2_06.jpg

ぜひ、じろう名物3種のどら焼を食べ比べしてみてください。

「お菓子で笑顔もつくれたら」笑えて美味しいお菓子のじろう

多くの和洋菓子があるお菓子のじろうには、名物のどら焼以外にも美味しくて、クスリと笑えるお菓子がたくさんあります。ぜひ、そちらも食べて笑ってみてください。

20181225_h2_14.jpg

そんなお菓子のじろうの店内には、ダジャレ好きのご主人の想いが詰まった言葉が飾ってありました。

20181225_h2_09.jpg

「お菓子で笑顔も作れたら・・・」

美味しいだけじゃない、食べる人に笑顔も届けたい。

その気持ちが生んだ変わり種スイーツ。受験生を応援するお菓子「最強脳みそどら焼」

ぜひ、あなたの周りの受験生や頑張る方に送ってみてください。

ちなみに・・・このどら焼は全力で頑張るあなたを"応援"するものです。決して合格や成功を保証するものではありませんので、クスリと笑ってお腹いっぱいになったら、また自分自身で頑張っていきましょうね。

店舗情報

お菓子のじろう

営業時間:9:00~19:00
店休日:不定休
住所:佐賀県三養基郡みやき町原古賀538-1
電話:0942-94-4558
ホームページ:http://okashinojiro.com/
Facebook:https://www.facebook.com/okashinojiro/
Instagram:https://www.instagram.com/okashinojiro/

EDITORSSAGA編集部 原田光

EDITORS SAGA 編集部

佐賀県変わり種スイーツ巡り

佐賀県のちょっと変わったスイーツを紹介する【佐賀県変わり種スイーツ巡り】 本当のスイーツ好きならここまで押さえてこそ!!みんなが知...

このEDITORの他の記事を見る

ページの先頭に戻る