レコードガールの撮影に潜入!【嬉野のセレクトショップCRANK編】

EDITOR'S コラム 嬉野市 スタイル

レコードガールの撮影に潜入!【嬉野のセレクトショップCRANK編】

こんにちは。エディターズサガ嬉野エディター鈴木です。

私が好きなEDITORS SAGAのコーナーのひとつ「レコードガール」の現場に潜入!モデルとロケ場所をセッティングして撮影現場に立ち合わせていただきました。

素人であるモデルさんが、プロ顔負けのドキッとする表情やポーズが印象的でいつもしばし見入ってしまいます。
カメラマンは一体誰なのか?ヘアメイクは自分で?ファッションのコーディネートはスタイリストさん?どうやって撮影しているのだろう?

妄想が止まりませんでした。

今回は、嬉野のセレクトショップ「CRANK」さんと合わせて「レコードガール」の裏側を紹介したいと思います。

20181019_h1_02.jpg

衣装:デニムワイドパンツ
ORDINARY FITS 21,000yen+tax(CRANK)
Tシャツ.キャップ(私物)

CRANK

撮影場所は嬉野塩田町にオープンしたばかりのセレクトショップCRANKさん。大正時代に建てられた志田焼きの倉庫をリノベーションした店内は木をふんだんに使った通気性の良い心地良い空間。洋服がかけてある重厚感のある鉄製ラックや棚、そしてソファテーブルは鉄工所のご友人に作ってもらったそうです。

20181019_h1_03.jpg

ファッション(私物)

CRANKさんは、メンズ、レディースのアイテムを取り扱っているセレクトショップ。

20181019_h1_04.jpg

長年アパレル業界で働く店主の納富さん自らセレクトした選りすぐりの商品が並びます。「東京でも入手するのが難しいと言われている福岡のブランドものをいくつか取り扱っています。長く着てもらいたいので素材が良く縫製の丁寧な国産のものがメインで、帽子やアクセサリーなど小物は海外のものも一部あります」

MODEL

20181019_h1_05.jpg

model:Iyo

モデルをしてくれたのは唐津出身のIYOさん。たまたま私が佐賀空港で見かけてあまりの可愛さに後ろから追いかけて声をかけました。

はじめは「自分に出来るか分からない」と言っていたIYOさんですがどうですか?

とても自然体で素敵ですよね。カメラマンさんのマジックでリラックスして撮影に臨めたようです。撮影の後は「最初で最後の写真撮影です」と仰ってましたがまたぜひお会いしたい方です。現在は東京でWEBの勉強をしているIYOさん。今回はご協力誠にありがとうございました

撮影

20181019_h1_06.jpg

photographer:Keito Urago

カメラマンはグラフィックデザイナーでもある多才な浦郷慧人さん。レコードガールコーナーではフィルムで撮影することにこだわっています。デジタルでは表現出来ないリアルな質感が表現出来るからだそうです。

撮影前にしっかりコミュニケーションを取って撮影に臨みたいという彼は、元々アパレルの仕事もしていた方。必要とあらばヘアメイク、ファッションスタイリングまで手掛けています。

あとがき

裏側を皆さんにも少しだけおすそ分けしましたが、いかがでしたか。
メデイアがどうやって作られているか」メイキングの表現も編集後記的にあってもいいのではないか?
裏側も読者にとっては魅力なのではないか?とEDITORS SAGAの一ファンとして常々感じていました。

発信者として私個人の意見としてでもいいですが、エディターとしても皆さんにもお伝えしたいと考えたのが今回の記事制作に至ったきっかけです。

今後も、機会があれば嬉野の魅力と共に制作の裏側も発信していければと思います。

情報

CRANK「CRANK」

住所:佐賀県嬉野市塩田町大字久間甲3242-6 マルシ倉庫
営業時間:11:00~19:00
定休日:毎週木曜
Instagram:https://www.instagram.com/crank_ureshino/

20181019_h1_07.jpg

CRANK イベント  Mastro Vol.1

■ CRANK 佐賀県嬉野市塩田町大字久間甲3242-6 マルシ倉庫
■10月20日(土)21日(日)
■10:00〜17:00 
■P有り

店主の納富さんがご紹介する巨匠たちのお店5店舗が一同に揃います。

[出店]
▶一人ひとりのお肌としっかり向き合いたい。
MENARD FACIAL SALON 鹿島店

▶あなたに合った施術で心と体をゆるめませんか?
ゆるめよっと 北鹿島店

▶快適×省エネ×健康×デザイン=Relax
come home 株式会社  井上建築

▶パン工房 さかもと

▶藤川製茶舗

【関連記事】

【Record Girl】vol.66 セレクトショップcrank 編はこちらから

20181008_h1_01-01.jpg

PSYCHO/イラストレーター

チーム嬉野

嬉野移住歴3年目の鈴木暁子と、移住歴3か月目の大門光。関東からの移住ウーマンである2人が怒涛の嬉野エッセイをお届けすべく立ち上がっ...

このEDITORの他の記事を見る

ページの先頭に戻る