【ゲストハウスまる】オープン!肥前浜宿に待望のおやど|鹿島

EDITOR'S コラム 鹿島市 遊ぶ暮らす知る

【ゲストハウスまる】オープン!肥前浜宿に待望のおやど|鹿島

こんにちは。鹿島市エリアの情報を発信していますエディターの北御門です。

肥前浜宿が日本酒ファンの訪れる酒蔵地区でありながら、市内にホテルが1軒しかなかったことは知っていますか?

お酒を飲んでゆっくり過ごすことができる場所がもっとほしい」観光客や地域住民の声からできたゲストハウスが2019年春OPENしました!

そんな待望のゲストハウスを紹介します。

その名も「まる」

20190530_h1_01.jpg

肥前浜駅すぐ側のゲストハウスの名前は「まる」と命名。
駅前という立地を活かし、肥前浜宿の玄関口として、たくさんのヒト・モノ・コトをまあるくまあるくつないでいき、その円(縁)を大きくしながら続けていく
そんな想いから名づけられました。

訪れた方々はもちろん、スタッフも含めてみんなが「まる」と感じられる場所を目指しています。

20190530_h1_02.jpg

築87年の建屋は、総勢40名以上の地域の方々とお掃除ワークショップなどを経て、清掃。リノベーションを施し、見違えるほど素敵な空間になりました。

ゲストハウス施設内「本館」

本館 2階

20190530_h1_03.jpg

本館のお部屋は2階に3部屋。
6人部屋と2人部屋が2つあり、畳の香りと落ち着いた和のお部屋が特徴です。

20190530_h1_04.jpg

朝起きて、最初に使う洗面台は気持ち良くあってほしいとの願いを込め、オーダーメイドで誂えました。タイルが素敵でしょ?

本館 1階

20190530_h1_15.jpg

本館一階は広々としたフリースペース。

20190530_h1_06.jpg

会話をしたり、本を読んだりと宿泊者の方や地域の方、観光客の方まで利用できるcaféスペースとして空間を設けています。

「別館」

別館 1階

20190530_h1_07.jpg

20190530_h1_08.jpg

別館は元々倉庫として使用していた場所をリノベーション。
本館とは違う雰囲気で宿泊できるようになっています。

共同キッチン

20190530_h1_09.jpg

宿泊者同士で楽しめる共同キッチンもあります。

ドミトリー

20190530_h1_10.jpg

寝室は2段ベッドのドミトリータイプ。1人だけの空間を贅沢に心地よく過ごせるよう、セミダブル特注サイズの2段ベッドを設置しています。

20190530_h1_11.jpg

快適にお休み頂けるよう、全室にこだわりの寝具を採用。

肌掛けにキルトケットのパシーマ。ベッドマットはイブル、カバー類はリネンを用意しました。
快適な睡眠をお約束します。

20190530_h1_12.jpg

まとめ

いかがでしたか?

JR肥前浜駅から歩いて徒歩1分のところにある築80年の古民家をリノベーションしたゲストハウス
以前は旅館としてにぎわいを見せていた場所でもあり、とてもおもむきのある素敵な空間です。

古い建物だからこそ生まれる快適な時間と空間を。大人から子供までワクワクできるそんな「ゲストハウスまる」。

鹿島にお越しの際は、是非立ち寄ってみてください!

情報

場所:佐賀県鹿島市浜町乙1204-4
電話:0954-68-0902
Mail:maru.guesthouse.saga@gmail.com
ご予約はBooking.com楽天トラベル又は直接お電話かMailにてお問合せ下さい。

instagram:https://www.instagram.com/guesthouse_maru/?hl=ja

運営:肥前浜宿まちづくり公社

【関連記事】

20190315_h1_01.JPG

【鹿島にゲストハウスが!?】発酵のまち肥前浜宿の新プロジェクト始動

百年ピクルス 漬蔵たぞう

北御門 裕一

2013年、福岡より佐賀県鹿島市に移住。老舗の漬物蔵にて修行。2014年、百年ピクルスを立ち上げる。2019年、肥前浜宿まちづくり...

このEDITORの他の記事を見る

ページの先頭に戻る