バレンタインデーにおすすめの変わり種チョコレート2019 佐賀県変わり種スイーツ巡り#16

EDITOR'S コラム その他 食べる知る

バレンタインデーにおすすめの変わり種チョコレート2019 佐賀県変わり種スイーツ巡り#16

佐賀県のちょっと変わったスイーツを紹介する「佐賀県変わり種スイーツ巡り」シリーズ。もうすぐ2月14日バレンタインデーということで、昨年好評だった「バレンタインデーにおすすめの変わり種チョコレート」を今年も新たに4種類紹介していきます。

過去記事:バレンタインデーにおすすめの変わり種チョコレート3選 佐賀県変わり種スイーツ巡り#10

多久市のアーティストと酒造のコラボ!お洒落なチョコリキュール

大和酒造(佐賀市) チョコレートリキュール冨永ボンド

1975年に佐賀市内4つの蔵が合併して設立した大和酒造株式会社。(その後2013年にもう1社事業統合)佐賀市大和にある蔵には、「ギャラリー大和」という複合スペースがあり、試飲や蔵見学をさせてもらうことができます。もちろんお酒の販売も行っています。

20190204_h2_01.jpg

そこで見つけた、今回紹介する変わり種チョコレートの一つがこちら。なんと珍しいチョコレートリキュールです。しかも、この色鮮やかなデザインを見てお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、これは多久市で活動中の木工用ボンドを使って絵を描く画家、冨永ボンドさんのデザインです。

20190204_h2_04.jpg

大和酒造秘蔵の樽焼酎とチョコレートが調合されて、見事なとろみが生まれています。冨永ボンドさんの独自の画材「黒いボンド」をイメージして作られているようです。

20190204_h2_03.jpg

お酒が苦手な方でもオンザロックで飲みやすく、またミルクで割って飲んでも一層マイルドになってまた違った味が楽しめます。ラベルがカッコいいので、贈り物や友達とのパーティなどで買って行ったり、飲み終わった後瓶をかざってもお洒落だし、2度3度美味しい一品です。

20190204_h2_05.jpg

みやき町産パッションフルーツが爽やかな生チョコ

クルール・ド・銀月(みやき町) パッションフルーツ生チョコ

2つ目の変わり種チョコレートは、みやき町にある人気パティスリー「お菓子の家クルール・ド・銀月(ぎんげつ)」さんから。ケーキやアップルパイ、焼きドーナツなど幅広いスイーツを取り揃えているクルール・ド・銀月。

20190204_h2_06.jpg

バレンタインデー前の時期は色んな種類の限定チョコがお目見えしていますが、その中でもとっても変わり種なチョコを見つけました。それがこの「パッションフルーツ生チョコ」です。

20190204_h2_07.jpg

地元みやき町でパッションフルーツやいちごやお米を栽培している「Nakayama Farm KASAKOYA」さんのパッションフルーツを使った生チョコ。一粒一粒がすごくおっきい贅沢な生チョコです。

20190204_h2_08.jpg

食べてみるとビックリ!最初にパッションフルーツのサッパリとした酸味がきて、その後にチョコの甘みがやってくる。これまでにない味覚で生チョコの概念を覆してくれます。爽やかな甘味なので、何個でも食べれてしまうのが罪なところ。すぐになくなってしまうのにご注意ください。

嬉野市の大豆と緑茶がチョコで出会った!

Spica-patisserie(嬉野市) ソイショコラ~嬉野緑茶~

3つ目に紹介するのは、以前EDITORS SAGAでも取材をした嬉野市のSpica-patisserie(スピカパティスリー)。

過去記事:【Spica(スピカ)】嬉野には想いあふれるハートフルなパティスリーがあった!

20190104_h7_04.jpg

スピカにも、バレンタインデー向けのチョコレート商品がたくさんありますが、中でも変わり種なのが、この「ソイショコラ~嬉野緑茶~」。

20190204_h2_14.jpg

嬉野市の名物温泉湯豆腐にも使用されている佐賀県産の大豆「ふくゆたか」を嬉野の澄んだ水で一晩かけて戻して、低温で香ばしくローストしたものを更にパリッとキャラメリゼしてあります。それをホワイトチョコレートでコーティングして、最後にこれまた嬉野の三根孝一緑茶園の緑茶粉末をまぶして完成。オール嬉野で完成したこの土地にしかない変わり種チョコレートです。

20190204_h2_15.jpg

大豆の風味とチョコレートの旨味がベストマッチしており、緑茶の爽やかな香りや渋みもこれまた相性抜群です。手で摘まんでパクパクと食べれるので、お友達と一緒にみんなで食べてもいいかもしれません。

もはやチョコレートクリーム!

パティスリーホリ(唐津市) ミルクチョコプリン

最後に紹介するのは、唐津市にあるパティスリーホリ。看板商品「ホリロール」や地元素材を使った焼き菓子などが有名なお店にある変わり種チョコレートは、豪華なミルクチョコプリンです。

20190204_h2_13.jpg

お洒落なカップにミルクチョコプリンがたっぷり入って、その上にイチゴやブルーベリー、板チョコも乗っている豪華さ。一口食べると想像以上に滑らかなプリンが口の中でとろけます。まるでチョコレートクリームをそのまま食べているような味わいは必ずやチョコ好きを唸らせてくれます。

20190204_h2_12.jpg

パティスリーホリでは、毎年このミルクチョコプリンを作っているのですが、このお洒落な器は毎年デザインが変わるそうです。器に盛りつけをする際のデコレーションはスタッフの皆さん総出で考えられています。バレンタインデーのたびに楽しみになりますね。

20190204_h2_10.jpg

他にも、スプーンですくって食べる超濃厚な抹茶生チョコなどもあり、色んな種類の変わり種チョコが楽しめるので、ぜひお店に行ってみてください。

まとめ

以上、2019年は変わり種チョコレート4種を紹介させていただきました。お友達への友チョコや自分自身へのご褒美チョコなど、ぜひ今年のバレンタインデーはちょっと変わったチョコレートを試してみてはいかがでしょうか?

店舗情報

大和酒造株式会社

営業時間:8:30~17:30
店休日:土・日・祝日 (ぎゃらりー大和は土・祝日の予約分のみ対応)
住所:佐賀県佐賀市大和町尼寺2620
電話:0952-62-3535
ホームページ:https://sake-yamato.co.jp/

クルール・ド・銀月

営業時間: 10:00~19:00
定休日:第1・第3水曜日
住所:佐賀県三養基郡みやき町西島1413-2
電話: 0942-96-2251
ホームページ:http://gingetsu.jp/index.php

Spica-patisserie-(スピカパティスリー)

営業時間:9:30~19:30
店休日:毎週水曜日
住所:佐賀県嬉野市嬉野町下宿甲 1460-3
電話番号:0954-43-5001
Facebook:https://www.facebook.com/Spica.patisserie/
Instagram:https://www.instagram.com/spica.patisserie/?hl=ja

パティスリーホリ

営業時間:10:00~19:00(日曜日は18:00営業終了)
店休日:毎週水曜日、第二第四火曜日
住所:佐賀県唐津市和多田用尺1-2
電話番号:0955-75-0604
ホームページ:http://www.kyushu-cake.com/saga/hori/index.html

EDITORS SAGA編集部 原田光

EDITORS SAGA 編集部

佐賀県変わり種スイーツ巡り

佐賀県のちょっと変わったスイーツを紹介する【佐賀県変わり種スイーツ巡り】 本当のスイーツ好きならここまで押さえてこそ!!みんなが知...

このEDITORの他の記事を見る

ページの先頭に戻る